東京大田区の蒲蒲線、経済波及効果は2385億円…区が試算 画像 東京大田区の蒲蒲線、経済波及効果は2385億円…区が試算

インバウンド・地域活性

 東京・大田区は、京浜急行電鉄蒲田駅と東京急行電鉄蒲田駅を結ぶ「新空港線(通称・蒲蒲線)」整備事業の具体化を後押しする一環で、同事業に伴う経済波及効果をまとめた。想定される建設投資総額1080億円をベースに、新空港線の利用者の消費支出などの直接・間接的効果を試算。都内全体では生産創出効果(金額ベース)を約2385億4400万円、雇用機会の創出効果を1万4323人と算出した。こうした整備効果をアピールし、早期事業化を国土交通省や関係機関に働き掛ける。
 新空港線は、東急多摩川線矢口渡駅~京急蒲田駅間と京急空港線の糀谷駅~大鳥居駅間に計画されている地下路線。延長は3・1キロ。区は2020年東京五輪開催までの開業を要望していたが、新空港線とJR東日本の線路の交差部分で工事の難航などが予想されることから、国交省側は五輪後への開業先送りを決めた。
 早期事業化を推進する区は18日に開いた新空港線「蒲蒲線」整備促進区民協議会の会合で、新空港線の経済波及効果を提示した。
 建設投資と利用者別(通勤、買い物・観光、ビジネス、空港利用者)の消費支出を合算した形で都内への波及効果(直接、1次・2次効果)を算出。建設投資による生産創出額を約1847億6000万円(うち大田区内約1103億0300万円)、雇用創出効果を1万1280人(同7239人)とした。
 新空港線利用者による消費支出では、生産創出額約537億8400万円(同約325億1900万円)、雇用創出効果3043人(同1919人)を見込む。
 協議会の会合に出席した松原忠義区長は「新空港線は単なる(鉄道路線の)接続ではなく、首都圏の経済に広範囲に影響し、利便性を高める路線だ」と強調し、新空港線の早期事業化を訴えた。

東京・大田区/蒲蒲線整備で経済波及効果試算/生産創出額は2385億円

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

    宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  6. 国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏

  7. 甲府にある「草津温泉」で朝風呂を楽しむ/銭湯の料金で

  8. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

  9. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  10. 首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

アクセスランキングをもっと見る

page top