福島・郡山西部第1工業団地の分譲が開始…医療研究や物流拠点に 画像 福島・郡山西部第1工業団地の分譲が開始…医療研究や物流拠点に

インバウンド・地域活性

 ◇医療機器関連産業集積へ
 福島県郡山市は、「郡山西部第1工業団地土地区画整理事業」による工業団地の分譲を開始した。12月25日まで応募を受け付ける。市は富田町に来年完成するふくしま医療機器開発支援センターの周辺一帯を「メディカルヒルズ」として再整備し、医療機器関連産業の一大集積地にする計画を進めており、関連する医療や物流、研究開発などの企業を同工業団地に誘致したい考えだ。
 郡山西部第1工業団地の開発面積は約70・6ヘクタール、分譲面積は約38・8ヘクタール。土地は大小28の区画に分け、総額58億7052万9000円で売り出している。
 市は来年6月までに土地の造成を終え、29年4月以降に換地処分を行う。市は製造業や物流企業、研究開発施設などを誘致し、地域の産業振興につなげたい考え。募集要項によると、事業計画と資金計画が適切で、土地売買契約を交わした日から3年以内に操業を開始できる企業などを募っている。
 所在地は同市熱海町上伊豆島馬立9の3ほか。郡山インターチェンジから5・9キロ、国道49号まで2・9キロの場所に位置している。用途地域は工業専用地域で、建ぺい率60%、容積率200%。分譲する区画の広さは約3800~2万9000平方メートル。1平方メートル当たりの単価は1万5000円。
 市は、ふくしま医療機器開発支援センター周辺の土地利用を検討するため「(仮称)メディカルヒルズ郡山基本構想策定業務」をURリンケージに委託して進めている。履行期限は16年3月18日。
 市は西部第2工業団地(待池台2の2の9、約251・3ヘクタール)を先行して分譲。産業技術総合研究所(産総研)の「再生可能エネルギー研究所」など25以上の団体・企業が進出した。同研究所は、産総研では初めてとなる再生可能エネルギー研究に特化した拠点施設で、薄型結晶シリコン太陽電池や地中熱、水素キャリアなどの研究に取り組んでいる。

福島県郡山市/郡山西部第1工業団地の分譲開始/12月25日まで申込受付

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

    札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 富裕層インバウンドの法則その5

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 登りは迷わず歩く…50キロのトレイルラン、記者が体験(1)

  10. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

アクセスランキングをもっと見る

page top