帰宅困難者対策、何すれば? サミット前の三重県で防災セミナー 画像 帰宅困難者対策、何すれば? サミット前の三重県で防災セミナー

インバウンド・地域活性

 三重県で11月25日、観光関連事業者向けの災害対策力向上セミナーが開催される。参加費は無料。

 三重県では2016年5月の伊勢志摩サミットを控え、各所で準備が進められている。県内市町と連携しての地震や津波を中心とした災害対策も、そうした取り組みのひとつだ。

 今回のセミナーも防災対策の取り組みの一環。鳥羽市と観光関連事業者が主体となって、観光客の安全確保を進める狙いだ。セミナーでは、県の防災対策部職員や鳥羽市の観光課職員が登壇し、「南海トラフ地震の被害想定と、とるべき対応」をテーマにした講演、帰宅困難者対策のワークショップを行う。

 会場は鳥羽商工会議所で、25日13時より開始。参加には事前申し込みが必要となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  7. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top