帰宅困難者対策、何すれば? サミット前の三重県で防災セミナー 画像 帰宅困難者対策、何すれば? サミット前の三重県で防災セミナー

インバウンド・地域活性

 三重県で11月25日、観光関連事業者向けの災害対策力向上セミナーが開催される。参加費は無料。

 三重県では2016年5月の伊勢志摩サミットを控え、各所で準備が進められている。県内市町と連携しての地震や津波を中心とした災害対策も、そうした取り組みのひとつだ。

 今回のセミナーも防災対策の取り組みの一環。鳥羽市と観光関連事業者が主体となって、観光客の安全確保を進める狙いだ。セミナーでは、県の防災対策部職員や鳥羽市の観光課職員が登壇し、「南海トラフ地震の被害想定と、とるべき対応」をテーマにした講演、帰宅困難者対策のワークショップを行う。

 会場は鳥羽商工会議所で、25日13時より開始。参加には事前申し込みが必要となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

    「フリー乗車券」は高速バスのFIT対策に有効か?

  2. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 「コメの文化」と我が国のバス事業

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  9. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  10. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

アクセスランキングをもっと見る

page top