3DCGで空調の気流・温度分布を設計段階で可視化、三機工業ら 画像 3DCGで空調の気流・温度分布を設計段階で可視化、三機工業ら

インバウンド・地域活性

 三機工業とキヤノンマーケティングジャパン(東京都港区、坂田正弘社長)、キヤノンITソリューションズ(東京都品川区、神森晶久社長)は18日、空調の気流や温度分布を3次元(3D)コンピューターグラフィックス(CG)を使って設計段階で可視化するシステムを共同開発したと発表した。手戻りの発生を抑え、顧客満足度の向上にもつながる。三機工業によると、空調の気流などの精細な可視化技術は業界初になる。
 システムは、3Dデータを現実空間に投影して可視化するキヤノンの技術「MREAL(Mリアル)」を活用して開発した。三機工業が空調の気流や温度分布の計測に使用しているソフトで計算したデータに、空間の広さや日射角度などの条件を盛り込んだ上で、専用プラグインを使ってMリアルに取り込む。このデータを、3DCGを現実空間に投影するためのマーカーと同期させ、頭部装着型ディスプレーで気流や風の強さ、温度などを実際に見えるようにする。
 三機工業はこれまで、気流や温度などのシミュレーションデータを紙で出力していた。顧客に正確なデータを提供するため、多くの平面・断面による出力が必要で、時間と労力がかかっていたのに加え、データの取り方によっては実際との差異が生まれてしまうこともあったという。
 開発したシステムを使うことで、データ出力に関する手間を大幅に省けるのに加え、一目で分かるシミュレーションデータを提供できるため、顧客満足度向上にもつながるとみている。
 三機工業の福井博俊執行役員技術研究所長は、「同業他社にはないシステムと確信している。設計時の顧客の意思決定が早まるほか、他社との技術的な差別化などさまざまな効果が期待できる」と話している。
 三機工業は今後、神奈川県大和市にある同社技術研究所に専用スタジオを設けて実際にシステムを顧客に体感してもらうほか、各種展示会などで活用していく方針だ。

三機工業ら3社/空調の気流・温度分布を設計段階で可視化/3DCG活用

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

    日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  2. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

    横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 名古屋市、リニア駅周辺まちづくりの方向性案公表/“広場”が中心にあるまち

  5. ■ニュース深掘り!■ 富裕層向けインバウンドビジネス

  6. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  9. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  10. 春日/後楽園駅前地区再開発、教育機関の開校などでランドマークへ

アクセスランキングをもっと見る

page top