寿司に合う日本酒、愛知の酒造が発売…日本酒ブームの海外へ展開

インバウンド・地域活性

「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」
  • 「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」
  • 「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」
  • 「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」
  • 「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」
  • 「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」1800ml入り
  • 「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸」720ml入りも展開
 愛知県津島市の鶴見酒造が、”寿司に合う”をコンセプトにした日本酒「SUSHISAKE 神鶴 純米大吟醸酒」を発売した。海外をターゲットに販売を行っていく。

 SUSHISAKEは魚の生臭さを抑え、ネタの味わいを引き出すために、旨みのバランスを調整。スッキリとした後味になるよう仕上げている。創業1934年の名古屋の料亭「可ん寅」の大将と女将によるアドバイスを取り入れながら、寿司と相性のいい味をつくり上げたという。

 原料は山田錦100%で、精白40%まで米を磨いている。木曽川の伏流水を使って、厳冬期に低温発酵させて完成させた。

 価格は1800ml入りで1万2960円。純米大吟醸のほかに、同ブランドで大吟醸、純米吟醸、吟醸、純米酒も展開する。今後は上海、香港、パリ、ニューヨークの日本食レストランのほか、国内の料亭にも提供。百貨店やネット通販での販売も予定している。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. "ふるさと納税”ならぬ“ふるさと投資”!? ヤフーとMSが地方小口投資事業を開始

  3. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

    「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】主婦3人から始まった町ぐるみの6次化、道の駅もてぎ

  9. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  10. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

アクセスランキングをもっと見る

page top