基礎杭工事問題、自民国交部会で議論…過剰負荷避け慎重に処罰 画像 基礎杭工事問題、自民国交部会で議論…過剰負荷避け慎重に処罰

インバウンド・地域活性

 自民党国土交通部会(秋元司部会長)は18日、党本部で開いた会合で基礎杭工事問題への対応について議論した。旭化成建材が施工した杭工事のデータ流用と同様の問題が同業他社でも発覚していることや、再発防止に向けた対策委員会での検討状況などを国土交通省が説明。議員からは、建設業法に基づく処分や元請下請関係のあり方などについて意見が出された。部会では今後、基礎杭工事の実態把握を目的に建設業界団体へのヒアリングを行うという。
 秋元部会長は、国交省が検討する再発防止策について、「(耐震偽装問題が発生した時のように)行き過ぎた対策で不況になっても困る」とした上で、データ流用が行われないようなチェックの仕組みが必要だと指摘。部会として「(一連の問題について)安全宣言につながるような議論をしていきたい」と述べた。
 議員からは、今回のような不正が発覚した場合に建設業法や建築基準法に基づく処分がどのように行われるかをただす意見が相次ぎ、「良心的に施工する業者にも負荷がかかるような対策ではなく、処罰を厳重に行うべきだ」といった声も上がった。「チェック体制が曖昧な状況があるとすれば、杭だけでなく、他の工事にも問題が及ぶ可能性がある」と懸念する意見も出た。

自民国交部会/基礎杭工事問題を議論/実態把握へ業界ヒアリング実施

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

    【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】地域の暮らしに根差したブランドで街おこし…群言堂 松場大吉氏

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 「コメの文化」と我が国のバス事業

    「コメの文化」と我が国のバス事業

  4. 九州ワイン人気上昇! 遊休農地を活用。特区を活用!

  5. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  9. ジェットスター・ジャパン、成田=上海線を開設。2017年1月23日から

  10. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

アクセスランキングをもっと見る

page top