道路整備で観光客9万人増、熊本県がストック効果事例集公開 画像 道路整備で観光客9万人増、熊本県がストック効果事例集公開

インバウンド・地域活性

 熊本県が県内のインフラ整備によるストック効果事例集をまとめた。現在、県のホームページで公開している。

 道路などのインフラ整備による長期的な経済成長効果を指すストック効果は、現在国土交通省が重視する項目のひとつ。ストック効果の最大化をめざした政策を打ち出している。

 今回、熊本県がまとめた事例集では、道路整備を中心に、都市整備、下水道、河川、砂防、港湾、住宅の7分野で計43事例を取り上げた。インフラ整備による企業進出や、観光圏の拡大、農産物の県外出荷量増加などをデータとともに紹介している。なかには、八代市・五家荘地域と五木村をつなぐ国道445号のように、道路整備を行うことで観光客数が9万人の大幅増を記録した事例もある。

 熊本県内に限らず、地方での事業展開を考えている人は、成長事例の一つとして目を通してみてもいいだろう。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

    北海道新幹線開業に向け、ソフト・ハードで進む沿線自治体の準備

  2. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

    JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  3. 八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

    八戸市の屋内スケート場建築、69億4000万円

  4. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  7. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  8. 宮古~釜石間の鉄道、震災からの復旧計画通り。三陸鉄道への移管準備も

  9. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  10. 福島県相馬市で新庁舎が完成。復興から一つの山を越えた

アクセスランキングをもっと見る

page top