最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート 画像 最長7年間の防犯カメラ保守サービス、関東でスタート

マネジメント

 株式会社トリニティーが関東地方を対象に、マンションなどに設置する防犯カメラの長期保守サービスを開始した。月々一定の料金で、法定耐用年数である6年を超える、最長7年間のメンテナンスが受けられる。

 「あんしんメンテナンスパック」は防犯カメラについての出張メンテナンスサービス。システム全体の動作チェックや配線・配管の点検、画角調整、録画画質フレームレート再設定、レコーダーファンの清掃などを行う。

 基本プランではメーカー保証、工事保証、修理時の代替機貸与に対応。さらに、イタズラ・盗難、水害・落雷による故障、消耗品の交換、故障時の無料出張修理に対応する追加プランを用意した。

 これまで名古屋を中心に防犯カメラの保守サービスを行ってきた同社。関東では神奈川に営業所を置き、横浜防犯カメラセンターとして活動する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

    野村不HD、新中期計画で複合開発や大規模開発へ注力

  2. 東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

    東亜建設工業社長に秋山代表取締役兼執行役員副社長、6月就任

  3. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

    「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  4. JR東海のリニア中央新幹線、工事発注手続きが本格化

  5. 国交省土地・建設産業局長「業界の将来、環境変化で機運高まる」

  6. 大阪 長田産業、トレーラーの後輪3軸にワイドシングルタイヤを採用

  7. TPP協定は日本に必要ですか? 帝国データバンクが企業調査

  8. 大成建設、小型の高性能摩擦制振ダンパーを開発

アクセスランキングをもっと見る

page top