東京ガス、北関東区域のインフラを増強 画像 東京ガス、北関東区域のインフラを増強

インバウンド・地域活性

 ◇茨城幹線は15年度内にルート決定
 東京ガスは、北関東エリアの天然ガス関連のインフラ設備を増強する。15年度中の稼働開始に向け、茨城県日立市で整備中の「日立LNG(液化天然ガス)基地」では、1号LNGタンクに続いて2号タンクの建設に向けた調査・検討に本格着手した。18年度の着工、20年度中の完成を目指す。日立~鹿島を結ぶ高圧ガスパイプライン「茨城幹線」のルート選定については、海側と陸側の2ケースを比較しながら調査・検討を進めており、年度内に整備ルートを決定する見通しだ。
 日立LNG基地の建設地は茨城港日立港区内(敷地面積10・4ヘクタール)。基地には、1号LNGタンク(貯蔵容量23万キロリットル)のほか、外航LNG船の受け入れ設備となる大型桟橋やLPG(液化石油ガス)タンク(同5万キロリットル)1基、LNG気化設備3基、LNGローリー出荷施設6レーンなどを整備する。施工は東京ガスエンジニアリングソリューションズ、川崎重工業、清水建設らが担当している。今月、試運転に着手し、16年3月に営業運転を開始する予定。
 基地と栃木県真岡市の既存パイプラインを接続する「茨城~栃木幹線」(施工=日鉄住金パイプライン&エンジニアリング、JFEエンジニアリング)も同3月に開通する。基地と同幹線の建設を含めた総投資額は約1200億円を見込む。
 日立LNG基地では2号LNGタンクの建設に向け、9月に地盤調査を実施。調査は基礎地盤コンサルタンツが担当した。2号タンクの規模は1号タンクと同程度を想定しているが、詳細は今後詰める。施工会社は未定。
 1号タンクは地上式では世界最大規模の貯蔵能力を有する。貯槽内径は約86メートル、貯槽高さ約59メートル。同タンク1基で一般家庭約34万世帯分の年間使用量に相当する都市ガスを供給できる。
 茨城幹線の建設は鹿島地区での天然ガス需要への対応と、高圧ガスパイプラインのループ化で供給基盤の安定化を図ることが目的。今夏までに陸上ルート(延長約100キロ)、海上ルート(同非公表)の各種調査を実施済み。調査結果を踏まえ、15年度中のルート決定に向けて検討作業を進めている。着工時期は未定だが、20年度までの完成を目指している。

東京ガス/北関東区域のインフラ増強/2号LNGタンク、18年度着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

    遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  2. 富裕層インバウンドの法則その5

    富裕層インバウンドの法則その5

  3. 青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

    青函トンネルの大規模修繕、トンネルの延命化へ

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  7. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 新橋・田村町地区の再開発、高さ150メートルの超高層ビルも

  10. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】札幌から「地の利」を生かしたデータ処理事業を展開する恵和ビジネス

アクセスランキングをもっと見る

page top