不動産協会、新専務理事に内田要氏就任 画像 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

マネジメント

 不動産協会(木村恵司理事長)は16日の理事会で、新たな副理事長・専務理事に内田要氏の就任を決めた。前任の小澤敬市氏は退任した。
 内田 要氏(うちだ・かなめ)78年東大法学部卒、建設省(現国土交通省)入省。10年土地・水資源局長、11年土地・建設産業局長、12年都市再生機構副理事長、14年内閣審議官内閣官房地域活性化統合事務局長、15年同総括官。61歳。

不動産協会/新専務理事に内田要氏就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

    国交省が「事業促進PPP方式」の導入効果を整理

  2. 本日の新聞から:タカタ、ダイセル提携検討…エアバック問題

    本日の新聞から:タカタ、ダイセル提携検討…エアバック問題

  3. これから始めるマイナンバー対策:身の丈にあったソリューション選びのコツ

    これから始めるマイナンバー対策:身の丈にあったソリューション選びのコツ

  4. 東京建物、台東区の超高層マンション施工者を三井住友建設に決定

  5. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  6. アジア国際交流支援機構、外国人技術者の就労支援を展開

  7. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  8. 壁材老舗などの経営改善が評価、「実効力ある経営」認証4社発表

  9. ヤフー、オフィス用品のアスクルを連結子会社化

  10. 韓国で農作業事故で保険法1月施行、国が掛け金半額助成、日本は

アクセスランキングをもっと見る

page top