不動産協会、新専務理事に内田要氏就任 画像 不動産協会、新専務理事に内田要氏就任

マネジメント

 不動産協会(木村恵司理事長)は16日の理事会で、新たな副理事長・専務理事に内田要氏の就任を決めた。前任の小澤敬市氏は退任した。
 内田 要氏(うちだ・かなめ)78年東大法学部卒、建設省(現国土交通省)入省。10年土地・水資源局長、11年土地・建設産業局長、12年都市再生機構副理事長、14年内閣審議官内閣官房地域活性化統合事務局長、15年同総括官。61歳。

不動産協会/新専務理事に内田要氏就任

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

    女性活躍に力を入れる企業像……約300社の分析データから判明

  2. 親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

    親族外承継という選択肢「事業引継ぎ」と向き合う、後継者不在による廃業防げ

  3. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

    おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  4. 運送業に若者や女性を! 人材確保に役立つ資料を全ト協が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top