顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル 画像 顧客視点から経営革新を推進、日本経営品質賞にスーパーホテル

マネジメント

 顧客視点から経営を見直し、経営革新を進めるモデルとしてふさわしい組織を表彰する「日本経営品質賞」が18日に発表。ビジネスホテルチェーンの株式会社スーパーホテルが受賞した。

 同賞を主催するのは、公益財団法人日本生産性本部が設立した日本経営品質賞委員会。スーパーホテルは2009年度に続いて2度目の受賞となった。

 ビジネスパーソンに照準を絞った組織能力が受賞の決め手となったスーパーホテル。審査では「『1円当たりの顧客満足日本一』にむけた理念、仕組み、体制の一体化」、「IT活用による模倣困難なローコストオペレーションとマネジメントノウハウ」、「新たなホテルスタンダードを目指した『Lohas(ロハス)価値』の追求」が高く評価された。

 その他、熊本大同青果株式会社グループが経営革新推進賞受賞を、株式会社IHIエスキューブ・医療法人社団恵心会 京都武田病院・トップ保険サービス株式会社が経営革新奨励賞受賞を受賞している。受賞企業への表彰式は、来年2月の「日本経営品質賞 表彰セレモニー・顧客価値経営フォーラム」で行われる予定。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

    設備工事各社の海外事業展開が拡大! 支店開設や資本投入など

アクセスランキングをもっと見る

page top