愛知製鋼、CVT用熱間鍛造プレスラインを増設 画像 愛知製鋼、CVT用熱間鍛造プレスラインを増設

インバウンド・地域活性

愛知製鋼は、CVT(無段変速機)用熱間鍛造プレスラインを新設すると発表した。

同社では知多工場で、自動車の燃費向上と低コスト化のニーズにタイムリー対応するため、「鍛造リエンジPart1」として4月に中小型車向けのクランクシャフト用鍛造プレスラインを竣工した。

今回は鍛造・鋼材分野の生産プロセス改革における鍛鋼一貫モノづくりの競争力強化を目的に、「鍛造リエンジPart2」として中小型車向けに需要の拡大が予想されるCVT用鍛造品の熱間鍛造プレスラインを2ライン同時に新設、生産能力を増強する。投資額は38億円で、2017年1月から稼働する予定。生産能力は2ライン合計で月産約30万個。

新しい熱間鍛造プレスラインは、国内トップクラスの高速自動鍛造を実現するとともに、最新のFIA炉を導入することで、鍛造品の熱処理工程をインライン化、物流改善による生産のリードタイム短縮を図る。

今回の熱間鍛造プレスラインの導入を皮切りに、CVT用鍛造品の全製造工程で生産能力を増強し、合わせて将来を見据えた生産設備統廃合による再構築を進め、今後需要拡大が見込まれるCVTの安定供給体制を構築する。

愛知製鋼、CVT用鍛造品の生産増強へ…熱間鍛造プレスラインを増設

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

    インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  4. 富裕層インバウンドの法則その4

  5. 【地方創生】エネルギーの街、公用車はFCV「MIRAI」…周南市 木村健一郎市長

  6. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

  7. 宮城県・名取駅前地区の再開発、大震災で変更・7年越しの事業が本格始動

  8. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  9. 東池袋のシネコン開発、計画を見直しより魅力的な商業ビルへ!

  10. インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

アクセスランキングをもっと見る

page top