愛知製鋼、CVT用熱間鍛造プレスラインを増設 画像 愛知製鋼、CVT用熱間鍛造プレスラインを増設

インバウンド・地域活性

愛知製鋼は、CVT(無段変速機)用熱間鍛造プレスラインを新設すると発表した。

同社では知多工場で、自動車の燃費向上と低コスト化のニーズにタイムリー対応するため、「鍛造リエンジPart1」として4月に中小型車向けのクランクシャフト用鍛造プレスラインを竣工した。

今回は鍛造・鋼材分野の生産プロセス改革における鍛鋼一貫モノづくりの競争力強化を目的に、「鍛造リエンジPart2」として中小型車向けに需要の拡大が予想されるCVT用鍛造品の熱間鍛造プレスラインを2ライン同時に新設、生産能力を増強する。投資額は38億円で、2017年1月から稼働する予定。生産能力は2ライン合計で月産約30万個。

新しい熱間鍛造プレスラインは、国内トップクラスの高速自動鍛造を実現するとともに、最新のFIA炉を導入することで、鍛造品の熱処理工程をインライン化、物流改善による生産のリードタイム短縮を図る。

今回の熱間鍛造プレスラインの導入を皮切りに、CVT用鍛造品の全製造工程で生産能力を増強し、合わせて将来を見据えた生産設備統廃合による再構築を進め、今後需要拡大が見込まれるCVTの安定供給体制を構築する。

愛知製鋼、CVT用鍛造品の生産増強へ…熱間鍛造プレスラインを増設

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

    入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

    <シリーズ> 陶磁器産業復活のシナリオ(事例・常滑編)

  4. 北海道北広島市、日本ハムへ提案のボールパーク構想公表/ショッピングモールやホテルも

  5. <シリーズ> 十年で6割超の市場を失った陶磁器産業 (課題編)

  6. 【地方発ヒット商品の裏側】鋳物ホーロー鍋の勢力図を塗り替えた「バーミキュラ」

  7. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

  8. 【インタビュー】 全国中小企業団体中央会会長・大村功作氏就任……「中小活性化で地方創生」

  9. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top