“甘いお米”をプロが発掘! 「お米番付2015」の入賞米決定 画像 “甘いお米”をプロが発掘! 「お米番付2015」の入賞米決定

インバウンド・地域活性

 日本全国の「お米の生産者」発掘を目的とし、食のプロが食味計では計れない“甘いお米”を目利きする「お米番付2015」の最終審査会が実施され、入賞米8種類が決定した。主催は日本お米向上委員会。

 11月16日に「銀座米料亭 八代目儀兵衛」で開催された「お米番付2015」の最終審査会。五ツ星お米マイスターや料理人らが、全国30都道府県135品の応募から選出された12種類のお米から、入賞米を決定した。

 3年目となる今回、過去最多の応募があったという「お米番付2015」。食のプロが目利きで審査する同コンテスト開催の背景として、「これまでの食味計を使ったお米のコンテストでは、タンパクが少ないお米、でんぷんの中のアミロースが少ないお米が高得点を得られるようになっており、“甘いお米”が埋もれている現状があった」と主催者は説明する。

 「お米番付2015」の入賞米は以下の通り。北海道雨竜郡秩父別町「ゆめぴりか」(作・原田章弘)、山形県鶴岡市「ササニシキ」(作・板垣弘志)、新潟県長岡市「コシヒカリ」(作・小野 喜代司)、長野県飯山市「コシヒカリ」(作・佐藤嘉一)、群馬県利根郡みなかみ町「コシヒカリ」(作・本多義光)、岐阜県岐阜市「ハツシモ」(作・奥村知己)、福岡県朝倉市「にこまる」((作・北嶋将治)、宮崎県えびの市「ヒノヒカリ」(作・井上義人)。

 ギフトサービスや店舗での採用など、消費者と受賞米を繋ぐ流通の仕組みを構築している同コンテスト。今後も「生産者を掘り起し、消費者と直接つなぎ、これからの日本米全体の価値向上・底上げに貢献する」という。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

    畳の復活へ追い風! 海外での“日本ブーム”が「TATAMI」を復権させるか?

  2. 富裕層インバウンドの法則その6

    富裕層インバウンドの法則その6

  3. 日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

    日本酒の名産地、イメージ断トツの県は?

  4. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  5. 東京女子医大の足立区移転、高度医療提供できる施設へ

  6. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  7. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  8. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  9. 2017年の旅行業界トレンド「ブリージャー」

  10. リンゴの発泡酒「シードル」急成長! 収益性が魅力

アクセスランキングをもっと見る

page top