建材からサービスまでの専門展示会「Japan Home & Building Show 2015」が開催 画像 建材からサービスまでの専門展示会「Japan Home & Building Show 2015」が開催

イベント

 建築物に関する専門展示会「Japan Home & Building Show 2015」が18日、東京ビッグサイトで開催された。開催期間は20日まで。

 建材や部材、省エネ住宅関連、エクステリア関連、インテリア関連、出関連製品などを扱う同イベントでは、今年のテーマを「~ひろがる可能性 見つけるおもしろさ~」に設定。その規模は昨年の1.5倍となっており、新規出展となる200社を含む約750社が出展する。

 会場では全部で6つの展示会が同時に開催される。「第37回ジャパンホームショー」では、住宅に関する建材や部材などを一堂に展示。「第10回ふるさと建材・家具見本市」では国産の木材・畳・伝統家具・瓦などが、「第3回スマートハウス・エコハウス展」では太陽発電・畜/省エネルギー・通信関連などの製品が見られる。その他、「第1回庭づくり・ガーデニング展」、「第1回店舗・施設建築展」、「第1回ストーンフェア東京2015」など、今回が初となる展示会も開催された。

 さらに、主催者企画として2つの空間展示が実施される。「眠りの環境コーナー」では、住宅の付加価値としての“眠りの部屋”を提案。一方、「素材の空間」では製品のもつ素材性の再認識を目的に、様々な素材が壁面やテーブルに並べて展示される。

 なお、今回も昨年と同じく「ホーム・ビル&インテリア WEEK」という名称のもと、インテリアトレンドショー「The 34th JAPANTEX2015」との合同開催となった。建築物だけでなく、テキスタイルやインテリアといった内装についての展示も見られる貴重な機会となっている。

 開催期間中には基調講演や講演会も実施。聴講は無料だが、ホームページからの事前登録制となる。なお、会場では「日本エコハウス大賞2015」の公開審査、および表彰式も行われる。
《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. 2020年の4000万人を実現するために何を取り入れる?/インバウンド・ジャパン

    2020年の4000万人を実現するために何を取り入れる?/インバウンド・ジャパン

  2. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

    【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  3. 【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

    【CHOフォーラム】企業価値向上に向けたCHO構想の実践

  4. 金融広報中央委員会「先生のための金融教育セミナー」

  5. IoTは「フレッシュなデータ」、その活かし方を考えよう!

  6. 【ウェアラブルEXPO】歩けば充電する発電インソール、10秒ごとに位置情報を発信

  7. ~MEDTEC Japan 2017:1~ロボットから「見える手術室」まで

  8. 医療現場で活用されるVR、その最先端/国際モダンホスピタルショウ

  9. 「第2回 中小企業社歌コンテスト」開催決定! 応募お待ちしています!

  10. 【ギフト・ショー】海外で大ヒット、空気で膨らませるバブルスパ

アクセスランキングをもっと見る

page top