世界初の陶芸技法でマーブル模様のカップが誕生、販売店も募集

インバウンド・地域活性

「139marble」のフリーカップ
  • 「139marble」のフリーカップ
  • 「139marble」のロックカップ
  • 「139marble」のロックカップ
  • 「139marble」のマグカップ
  • 液状化させた陶土を混ぜ合わせて型に流し込む
  • 「139marble」の製作過程
  • 「139marble」の製作過程
  • 素焼き後で本焼きへ
 佐賀県の伊万里陶芸が、パートナーである陶芸作家・山口一作氏と共同で液状模様の陶芸カップ「139marble」を完成させた。現在、取り扱う小売店を募集している。

 139marbleは液状化させた陶土を重ねて型に流し込むことでマーブル模様を生むという、世界初の陶芸技法でつくられたオリジナルカップ。色によって膨張率や収縮率、比重が異なるため、混ぜ合わすことが難しかったが、山口一作氏が5年かけてその技法を完成させた。

 天草陶土を使ってつくるカップは、手作りのため製作に約1週間、1日10個程度の生産となる。また、それぞれの模様も少しずつ異なるため、注文時はカップの形状と色の系統を指定する形になる。

 販売されるカップは、フリーカップ、ロックカップ、マグカップ(大・小)の計4種類で、公式ページに掲載の価格はそれぞれ8000円。色味は「赤系」、「青系」、「黄系」の3系統を指定でき、指定なしの場合は伊万里陶芸が「おまかせ」で選んで出荷する。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大阪大学グローバルビレッジ施設、PFI実施方針公表

    大阪大学グローバルビレッジ施設、PFI実施方針公表

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 尼崎市・園田西武庫線御園工区、建設に本格着手。交通円滑化へ

  5. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  6. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  7. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  8. 日本ハムファイターズ新球場のイメージ公表/スタジアム核に複合施設整備

  9. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top