攻めのIT経営行う中小企業を経産省が募集、3年で100社選定 画像 攻めのIT経営行う中小企業を経産省が募集、3年で100社選定

マネジメント

 経済産業省が2015年度の「攻めのIT経営中小企業百選」の募集を開始した。ITを活用して競争力強化を図っている中小企業の応募を受け付ける。

 「攻めのIT経営中小企業百選」は、経産省が2014年度より企業選定を行っている事業。従来主流だった業務効率化やコスト削減といった「守り」のIT投資に対し、ビジネスモデルの変革など、企業の競争力強化をめざす「攻め」のIT投資を促進することを目的としている。3年間で計100社の選定を予定しており、2014年度は33企業が選ばれ、事例が公開されている。

 今年度の募集は2016年1月5日まで受け付け。応募書類提出前に攻めのIT経営中小企業百選事務局への事前申し込みが必要で、事前申し込みの締め切りは12月11日となっている。書類審査や現地審査を経て、2月下旬に最終審査を行う。結果発表は4月から5月頃を予定する。対象は中小企業および小規模事業者。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. EV時代見据え石油元売りの再編・事業ドメインの変革……新聞からみる自動車業界

    EV時代見据え石油元売りの再編・事業ドメインの変革……新聞からみる自動車業界

  2. WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

    WTO政府調達協定の適用基準額、16~17年度の工事は国7.4億円

  3. 「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

    「中小企業の《経営論》」第1回:背中を見せたがる社長とそうでない社長

  4. 鹿島ら3社が「地下トンネル長距離水中流動充てん材」開発…福島第1原発の汚染水対策

  5. 「転注」にもめげず、本気で大企業と値上げ交渉

  6. 「創業時の本業が今は本業ではない」という企業が半数近く!今の本業の将来は?

  7. 海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組

  8. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  9. 小売業界にとって魅力的な海外進出先ランキング!

アクセスランキングをもっと見る

page top