地域の農産品マーク制度設け認定…訪日外国人需要狙い、観光庁 画像 地域の農産品マーク制度設け認定…訪日外国人需要狙い、観光庁

インバウンド・地域活性

 観光庁は、特色ある農産物や加工品を地域ごとに認定するブランドマーク制度を創設する。インバウンド(訪日外国人)の需要を取り込むのが狙い。海外からの観光客が東京など大都市圏に集中していることから、地域の食の魅力を発信することで地方に呼び込む。2015年度中の制度スタートを目指している。

 同庁が国土交通省の出先機関である各地の運輸局と連携し、「九州ブランド」など地域ごとにマークを作る。売り込みたい商品を各地で募集し、地域の食材を使っているか、食味、アイデアなどを審査。認定されると、マークを付けてPRできるようにする方針だ。

 認定品は日本政府観光局がウェブサイトで世界に発信する。同庁も海外向けプロモーション動画などで売り込む。旅行会社との連携を検討しており、販路拡大などを指導するプロデューサーも派遣する予定だ。

 同庁は、インバウンド需要が今後伸びる可能性に着目し、ブランドマーク制度を創設する。15年1~9月の訪日観光客数は1448万人、旅行消費額は2兆5967億円で、いずれも過去最高で推移。政府は30年に3000万人とする目標を掲げている。一方で、日本人の国内旅行消費額は20年後に半減すると同庁はみている。

 ただ、外国人の旅行先は東京、大阪などの主要都市に集中する傾向にある。このため、外国人客による消費意欲を地方にも広げて、地域ブランド品を目玉に、地方への観光を促したい考えだ。

 今後、認定する地域の分け方や認定方法などを庁内で詰め、15年度中にも初の認定をする方向だという。同庁国際観光課は「外国人からは日本の食への関心が特に高い。観光客を誘致する上で訴求力への期待が大きい」と説明する。

地域の農産品 マーク制度設け認定 訪日外国人需要狙い 観光庁

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. ~着地型観光:4~アウトドア体験に日本文化の魅力をプラス!

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. ~着地型観光:1~外国人ウケする着地型観光のはじめ方(前編)

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

アクセスランキングをもっと見る

page top