奥山デザイン、担い手農家向け大型トラクター……ヤンマー 画像 奥山デザイン、担い手農家向け大型トラクター……ヤンマー

インバウンド・地域活性

ヤンマーは、大規模・集約化が進む国内の担い手農家・集落営農向けに、『YT463/470』シリーズトラクターを11月より販売開始する。

国内農業は、担い手農家・集落営農の増加による大規模・集約化が進んでおり、経営効率の向上や省力化につながる高性能な農業機械が求められている。ヤンマーでは、このような市場ニーズに対応するプレミアムデザイントラクターとして、快適性、デザイン性にこだわった、YTシリーズ「YT490/5101/5113」トラクターを今春から国内販売を開始。世界的工業デザイナーである奥山清行氏(ヤンマーホールディングス取締役)が商品デザインを担当し、話題を集めた。

新製品「YT463/470」も、同じく奥山デザインによるもの。斬新かつ独創的ないままでの農業機械にはない「プレミアムデザイン」を採用した。エンジンとミッションは、強度な防振フレームで支えることで振動・騒音を大幅に低減し、疲れの少ない作業環境を実現。また高効率無段変速トランスミッションHMTを採用し、作業性を向上させるなど、規模を拡大していく担い手農家の声を反映した製品となっている。

価格は601万5600円から898万5600円。

ヤンマー、担い手農家向け大型トラクター YT463/470 を発売…奥山デザインの新製品

《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

    北海道新幹線手稲トンネルの計画変更/高架橋部分を地下化、「札樽トンネル」に

  2. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. JR上野駅公園口移設計画、円滑な動線確保へ/東京五輪までに

  5. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  6. 漁師塾、6次化強化、たまコロ、林業で養鰻/みらい基金採択事業報告

  7. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  8. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  9. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  10. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

アクセスランキングをもっと見る

page top