【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業 画像 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

インバウンド・地域活性

 自覚症状が無いことから“サイレントキラー”と呼ばれ、生活習慣病の中でも特に危険視されている糖尿病。その診断で開業医から注目されている装置がある。群馬県藤岡市に生産拠点を持つ株式会社サカエの「A1c iGear」。2015年度ものづくり日本大賞では、“6分で結果がわかる国内初の小型糖尿病分析装置と検査試薬の自社開発”で特別賞を受賞した。

 しかし、代表取締役社長を務める松本弘一氏によると、同社が医療機器を手掛けるようになったのは、ここ20年ぐらいの話だという。その中で、自社ブランド製品として初めて世に送り出されたのが、「A1c iGear」シリーズの初代モデル「A1c GEAR」だった。

■リスクを恐れず新事業に挑戦する

 1952年に創業した株式会社サカエは、かつて大手家電メーカーの下請けが90%を占める典型的な下請け会社だったという。しかし、1979年に創業者が急逝すると、会社は息子の弘一氏に引き継がれることになった。

「その頃から、このまま下請けを続けていたのでは一生浮かばれないと思っていました。誰もが真似できないものを、自社ブランドで広めていく。それが二代目社長としての役目だと、当時から考えていたわけです」

 その後、取引のあった大手家電メーカーから、ヒーター機器の部門を移管したいという話が持ち込まれてきた。これを手始めに自社事業として勝負していけるかもしれない。そう考えた松本氏は、社の生産体制をヒーター機器事業に専念するよう決意する。会社の組織を改革し、生産ラインの引き直しを行い、徐々にではあるが下請け会社からの脱却を図っていった。

 こうして、サカエは自社製品の開発を積極的に進める企業へとシフトしていく。しかし、その中心となっていたのはOEMビジネスで、未だ自社ブランドを世に送り出したいという松本氏の夢からは遠かった。

《丸田鉄平/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  2. バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

    バスツアーも「超豪華バス」の波。高速バスとの違いは?

  3. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  4. 官民連携で「国際クルーズ」拠点を整備、選ばれた6つの港とは?

  5. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  6. 【着地型観光:5】増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  7. 地域創生におけるファシリテーターの役割とは? (前編)

  8. 富裕層インバウンドの法則その8

  9. 横浜市市庁舎移転新築が起工、デザイン監修は槇文彦氏

  10. 名古屋城天守木造計画、寸分違わず復元できる世界で唯一の城!

アクセスランキングをもっと見る

page top