【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業 画像 【地方発ヒット商品の裏側】大手外資を相手にシェア2割をとる群馬の中小企業

インバウンド・地域活性

 自覚症状が無いことから“サイレントキラー”と呼ばれ、生活習慣病の中でも特に危険視されている糖尿病。その診断で開業医から注目されている装置がある。群馬県藤岡市に生産拠点を持つ株式会社サカエの「A1c iGear」。2015年度ものづくり日本大賞では、“6分で結果がわかる国内初の小型糖尿病分析装置と検査試薬の自社開発”で特別賞を受賞した。

 しかし、代表取締役社長を務める松本弘一氏によると、同社が医療機器を手掛けるようになったのは、ここ20年ぐらいの話だという。その中で、自社ブランド製品として初めて世に送り出されたのが、「A1c iGear」シリーズの初代モデル「A1c GEAR」だった。

■リスクを恐れず新事業に挑戦する

 1952年に創業した株式会社サカエは、かつて大手家電メーカーの下請けが90%を占める典型的な下請け会社だったという。しかし、1979年に創業者が急逝すると、会社は息子の弘一氏に引き継がれることになった。

「その頃から、このまま下請けを続けていたのでは一生浮かばれないと思っていました。誰もが真似できないものを、自社ブランドで広めていく。それが二代目社長としての役目だと、当時から考えていたわけです」

 その後、取引のあった大手家電メーカーから、ヒーター機器の部門を移管したいという話が持ち込まれてきた。これを手始めに自社事業として勝負していけるかもしれない。そう考えた松本氏は、社の生産体制をヒーター機器事業に専念するよう決意する。会社の組織を改革し、生産ラインの引き直しを行い、徐々にではあるが下請け会社からの脱却を図っていった。

 こうして、サカエは自社製品の開発を積極的に進める企業へとシフトしていく。しかし、その中心となっていたのはOEMビジネスで、未だ自社ブランドを世に送り出したいという松本氏の夢からは遠かった。

《丸田鉄平/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

    【新宿つな八(前編)】外国人が行列する天ぷら、その理由

  4. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  5. 【INBOUND JAPAN 2016】訪日客をつなぎとめる次の一手

  6. 【フォトレポート】日本一さびしい空港最寄駅!?

  7. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  8. VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

  9. 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  10. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

アクセスランキングをもっと見る

page top