ものづくり・金属加工の新たな受発注とは? 工場稼働をクラウドで管理 画像 ものづくり・金属加工の新たな受発注とは? 工場稼働をクラウドで管理

インバウンド・地域活性

 アカリ・ファインメタルは12月1日、「クラウド型受発注」サービスの提供を開始する。

 同サービスは金属加工製品について、“発注したい企業”と“受注したい企業”をインターネット上でマッチングするもの。金属加工工場の各工程の負荷状況や製造機械の稼働率といった情報をクラウド上で管理するため、発注側は工程負荷や機械稼働率が低いタイミングで製造発注することで、製造コストを低く抑えられる。

 一方、受注側は工程負荷や機械稼働率が低いタイミングで受注することで、無理なく工場稼働率の向上を図れる。取引先の新規開拓がなかなか進みにくいものづくり、金属加工において、同サービスは業界活性化につながると期待される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

    日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  2. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  3. ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

    ブランディングに失敗した日本遺産の活かし方

  4. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  5. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  6. 東芝大阪工場跡開発、スマートコミュニティ構想実現へ

  7. 地方の行政官と話がしたい! 北海道天塩町の副町長

  8. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  9. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  10. 新国立競技場、屋根鉄骨工事に向け施工検証、始まる

アクセスランキングをもっと見る

page top