茶を世界に発信、静岡で全国まつりで品評会受賞者を表彰 画像 茶を世界に発信、静岡で全国まつりで品評会受賞者を表彰

インバウンド・地域活性

 全国お茶まつり静岡大会の式典が14日、静岡市の市民文化会館で開かれ、8月に行われた全国茶品評会の受賞者を表彰した。受賞者を代表し、農水大臣賞を獲得した深蒸し煎茶の部の鈴木治さん(静岡県袋井市)に、大会会長賞を贈った。

 県や県茶業会議所、JA静岡経済連などでつくる実行委員会が主催した。全国の生産者や茶商ら約800人が出席した。

 式典では、同経済連の紅林茂会長があいさつ。大会会長の川勝平太知事は「健康志向の高まりなどで、海外での茶の需要は伸びている。新たな楽しみ方などを通して、茶を世界に発信してほしい」と祝辞を述べた。

 大会会長賞や産地賞、農水大臣賞、功労賞などの受賞者を表彰した。大会宣言では「日本茶の魅力を広く消費者に発信し、日本茶の振興、発展を図っていく」ことを申し合わせた。次回は、三重県で開催する。

 会場近くの静岡市役所前の通りでは、全国お茶まつりと静岡市が主催する静岡市お茶まつりを同時開催。茶の消費拡大イベントや、手もみ体験ができるコーナーなどが軒を連ね、来場者を楽しませた。

・団体優勝は静岡Aチーム 全国茶生産青年茶審査技術競技会

 第32回全国茶生産青年茶審査技術競技会が13日に静岡市で行われ、団体は静岡県Aチーム、個人では原間秀樹さん(静岡県)が優勝した。全国お茶まつり静岡大会で褒賞を授与した。

 全国茶生産青年団の主催で、茶の品質を鑑定する技術の養成と、品質向上を図るのが目的。今年は14府県から97人、19チームが参加した。

 競技は第一~第三審査で構成。静岡、鹿児島、京都など15府県の茶を使った。第一審査は外観による生産府県別判定、第二審査は煎出液による生産府県別判定、第三審査は煎出液による品種別判定を行った。

 その他の主な入賞者は次の通り。

 ◇団体▽2位=静岡県B▽3位=静岡県C

 ◇個人▽2位=浦田将敬(佐賀県)▽3位=山﨑富(静岡県)

茶を世界に発信 品評会受賞者を表彰 静岡で全国まつり

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  2. 那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

    那覇空港ビルディングで際内連結ターミナルビルが起工、18年12月完成へ

  3. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  4. 【地方発ヒット商品の裏側】8人で広さ30haの有機米栽培、古代米浦部農園はなぜ成功した?

  5. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  8. 富裕層インバウンドの法則その2

  9. 魚肉も美味! キャビアだけじゃない、チョウザメの新ビジネス!

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top