3Dプリンターで服を量産!? その素材は… 画像 3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

インバウンド・地域活性

 アパレルのオンライン製作サービスを展開するSTARtedは16日、3Dプリンターを使った服の量産販売に向けて、そのプロトタイプ(原型)となる「3D Normcocre(3Dノームコア)」を発表した。

 「3D Normcocre」の製作にあたり、素材にはAuxetic Materials(オーセチック構造)による”しなやかなプラスティック”を採用。3Dプリンターでの量産はもちろん、普通に着られる“プラスティックの服”だという点でもユニークな取り組みだと言える。なお、同構造は3Dモデラーの小野正晴氏と、東京大学大学院でデジタルファブリケーションなどを研究をしている大嶋泰介氏が開発した。

 今後は素材や構造、製法を見直し、さらなる開発を進めるとのこと。2016年内には、”しなやかなプラスティック”を使い、3Dプリンターでの服の量産販売を展開する予定だという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

    岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

    横浜ドームを実現する会、ドーム球場を経済活性化の起爆剤に!

  4. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  5. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  6. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  7. 京都市で歴史的建造物の曳家工事を公開、100年前のレンガ建物が元の位置に!

  8. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 福岡・ホークスタウンモール跡地の開発計画、メインは「MARK IS(マークイズ)」

アクセスランキングをもっと見る

page top