3Dプリンターで服を量産!? その素材は… 画像 3Dプリンターで服を量産!? その素材は…

インバウンド・地域活性

 アパレルのオンライン製作サービスを展開するSTARtedは16日、3Dプリンターを使った服の量産販売に向けて、そのプロトタイプ(原型)となる「3D Normcocre(3Dノームコア)」を発表した。

 「3D Normcocre」の製作にあたり、素材にはAuxetic Materials(オーセチック構造)による”しなやかなプラスティック”を採用。3Dプリンターでの量産はもちろん、普通に着られる“プラスティックの服”だという点でもユニークな取り組みだと言える。なお、同構造は3Dモデラーの小野正晴氏と、東京大学大学院でデジタルファブリケーションなどを研究をしている大嶋泰介氏が開発した。

 今後は素材や構造、製法を見直し、さらなる開発を進めるとのこと。2016年内には、”しなやかなプラスティック”を使い、3Dプリンターでの服の量産販売を展開する予定だという。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤/H14》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった!

    【果物お土産ビジネス:4】全てはホームページから始まった!

  2. 【爆買いの次に来るもの:1】まだ続く中国人の消費パワー

    【爆買いの次に来るもの:1】まだ続く中国人の消費パワー

  3. 【東北の農林水産業】地元の木材にこだわる県森連の復興建築

    【東北の農林水産業】地元の木材にこだわる県森連の復興建築

  4. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:2】バリ勝男クン。

  5. 【果物お土産ビジネス:3】果物店の「インバウンド需要のつかみ方」

  6. 【リピーターを呼ぶお土産、強さの秘訣:1】イカ天瀬戸内れもん味

  7. 【爆買いの次に来るもの:2】注目のタイ、押さえるべきポイントは?

  8. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  9. 岐阜県土岐市が新庁舎建設、事業費は約51億円

  10. VWの不正見抜いた測定器製作の京都・堀場製作所、仏首相が見学

アクセスランキングをもっと見る

page top