JFEエンジニアリング、ミャンマー初のゴミ焼却発電プラント建設 画像 JFEエンジニアリング、ミャンマー初のゴミ焼却発電プラント建設

海外進出

2017年完成予定 発電容量700KW
JFEエンジニアリングは11月12日、ミャンマーと日本の二国間クレジット制度(JCM)を活用し、ヤンゴン市が建設するゴミ焼却発電プラントを受注したと発表した。同プラントの受注はミャンマー初のJCM適用案件となる。

ゴミ焼却発電プラントは、同市北部のシュエピーター地区に建設され、発電容量は700KW、同国初のゴミ発電焼却プラントとなる。完成は2017年を予定しており、完成後はヤンゴン市が運転を行う。

日量60トンの廃棄物処理 年間5200MWh発電
同市では、1日あたり1600トンのゴミが排出されているが、処分場に直接埋め立てられているのが現状だ。経済発展と人口増加に伴い、今後のゴミ排出量増加に対応する処理施設整備が急務となっていた。

同プラントは、日量60トンの廃棄物を焼却処理し、年間5200MWhの発電を行う。同国では電力不足に見舞われているが、同プラントの稼働により不足する電力を補うことが可能となる。

同社は、今後も同国のインフラ整備に関する商品技術を提供し、同国の経済発展に貢献していく方針だ。

(画像はニュースリリースより)

ゴミ問題解決と電力不足解消 ミャンマー初 ゴミ焼却発電プラント建設へ 

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 日本工営がシンガポールで水力発電事業

    日本工営がシンガポールで水力発電事業

  2. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

    NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  3. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

    タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  4. 宮城県がベトナムのイオンモールで県産品テストマーケティング実施、参加企業募集

  5. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  6. 1本10万円のソースが中東で売れた!ハラール食品の開発で海外展開に活路

  7. ライト工業がベトナムに合弁会社を設立、地盤改良で事業展開

  8. 自動車部品のジェイテクト、北米の需要増で海外生産増強

  9. EU28か国の家庭ゴミ事情――ゴミ排出量ランキング

  10. TPP大筋合意で「IT・エレクトロニクス産業の国際競争力強化」

アクセスランキングをもっと見る

page top