【凜】共和コンサルタント橋梁部・篠原和代さん/点検報告書提出した時感じる達成感 画像 【凜】共和コンサルタント橋梁部・篠原和代さん/点検報告書提出した時感じる達成感

人材

 橋梁点検業務を担当する橋梁部に所属する。昨年6月の道路法施行規則の改正によって、橋長2メートル以上のすべての橋梁に「近接目視」による点検が義務付けられ、地方自治体からの橋梁点検業務の発注が急増している。
 点検業務では、現場に赴き損傷部の状況・度合いなどを調査し、診断を付して報告書にまとめて提出する。
  規模に応じて橋梁点検車や高所作業車を使用することもあるが、それでも点検できない箇所は、高欄などに掛けたロープを使って下りながら写真を撮ったり記録を付けたりする「ロープアクセス」という方法が取られる。安全帯を装着するが、難易度の高い作業だ。年間に点検する橋の数は300~400橋。「自分が点検してまとめた成果を報告書にして提出した時に、終わったという達成感がある」と話す。
 「高校時代から漠然と建築・土木分野に進みたいと考えていた」。普通科の高校を卒業し、土木系の会社に勤めた後、3年前に転職入社した。
 道路橋点検士の資格を取得したほか、今年夏に受けたインフラ調査士(鋼橋、コンクリート橋)の試験にも合格。コンクリート橋の診断に必要となるコンクリート診断士の取得も目指している。9月に行われた社内技術発表会では橋梁点検をテーマに報告し、審査で2位に選ばれた。「会社は資格取得の支援にも手厚く、感謝している」。
 夫と大学生になる子どもが1人いる。
 (しのはら・かずよ)

凜/共和コンサルタント橋梁部・篠原和代さん/点検報告書提出した時感じる達成感

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

人材 アクセスランキング

  1. ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

    ゼネコン大手5社、下請け業者の社保加入促進に本腰

  2. 国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

    国交省が4月から社保未加入の2次以下下請も排除、指導の猶予期間設定

  3. 三井不動産、「働き方改革」に関する事業を加速

    三井不動産、「働き方改革」に関する事業を加速

  4. ■ニュース深堀り!■変わる制度と環境、シニア人材雇用の企業事情

  5. 「中小企業の『経営論』」第10回:「社長は孤独」と自分でいう社長に感じる違和感

  6. NHK大河『真田丸』最終回にビジネスパーソンが学ぶべきこと

  7. 建設現場の「快適トイレ」導入推進へ。臭い対策も

  8. ゼネコン各社、技術系社員教育を強化。体験型研修施設を整備、海外人材も育成

  9. 建設キャリアアップシステム、誰のためのものなのか?

  10. 建設業の実労働時間、製造業より8.5時間長く、16年速報で判明

アクセスランキングをもっと見る

page top