国交省が初のCM事例集作成へ、近く民間含め事例調査 画像 国交省が初のCM事例集作成へ、近く民間含め事例調査

インバウンド・地域活性

 国土交通省は、地方自治体などの公共工事の発注者に対し、CM(コンストラクション・マネジメント)の活用を促進するため、同省として初の事例集を作成することを決めた。公共工事のほか、導入が進んでいる民間工事を対象にCMの先行事例を収集。導入効果をコストやスケジュール、品質の観点で体系的に整理する。年内か年明けに事例の調査を開始し、15年度末までにまとめる。
 改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)では、発注関係事務を適切に実施することが困難な公共工事の発注者は、コンストラクションマネジャー(CMr)など「発注関係事務を行うことができる者」の能力を活用するよう求めている。同法の運用指針でも多様な入札契約方式の一つとしてCM方式を位置付けている。
 技術職員や発注事務のノウハウが不足している自治体などでは、CM方式の導入によって技術力の補完・強化を図ることで、円滑で効率的な施工を確保できると期待されている。ただ、公共工事でCM方式を導入した事例は少なく、自治体などの発注者からは「CM方式の導入効果が分からない」「活用の仕方が分からない」といった声も多く出ていた。
 事例集の作成に向けては、公共工事で20件程度、民間工事で数件の先行事例を選び、発注者にヒアリングを実施。事業スキームに加え、▽導入の理由▽CMrの業務範囲と責任の範囲▽導入の効果▽導入時・導入後の課題▽積算基準・方法-などを聞く。
 その上で、コスト管理や品質確保、スケジュール管理の観点からCM導入の目標・課題と成果を事例ごとに整理し、事例集としてまとめる。
 CM方式に対する発注者の理解を広げるため、事例集に加えリーフレットも作成する予定だ。調査業務は企画競争で外注する。企画提案書は12月1日まで受け付ける。

国交省/初のCM事例集作成へ/近く民間含め事例調査、自治体などの活用促進

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

    狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  2. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  3. 今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

    今年は特区民泊元年! 全国初の東京都大田区の取り組みを探る

  4. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  7. 高い評価の新潟米「新之助」、強気の値段設定はおいくら?

  8. 大阪万博誘致、テーマは「未来社会のデザイン」、建設費は1250億円

  9. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

  10. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top