IFAWPCA、16日から建設会議・東京大会開催、17カ国・地域が参加 画像 IFAWPCA、16日から建設会議・東京大会開催、17カ国・地域が参加

イベント

 海外建設協会(海建協、白石達会長)が加盟するアジア・西太平洋建設業協会国際連盟(IFAWPCA)の建設会議・東京大会が16日、東京都内で開幕する。
 「連携と持続的発展」をテーマに、17カ国・地域の建設業協会が議論。出展企業のプレゼンテーション、国際プロジェクトの紛争案件に携わる弁護士を講師にしたリーガルセミナーを実施するほか、18日には、日本、ニュージーランド、欧州の識者による総合的・包括的事業展開やリスク対応に関する「IFAWPCAセミナー」が行われる予定だ。
 大会会長は白石会長が務める。東京大会は20年ぶりの開催。港区のザ・プリンスパークタワー東京で19日まで開かれる。加盟国・地域の団体、政府関係者、国内外の建設業関係者が多数参加し、19日に大会を総括する。
 17~18日には、建設関係メーカーや法律事務所などがブースを出し、プレゼンテーションするビジネスフォーラムが開かれる。海建協は開催国・会長国となることで、「意見交換の場づくり」(山口悦弘専務理事)を進めており、情報の発信・交換・共有を積極的に促す方針だ。

IFAWPCA/11月16日から建設会議・東京大会/17カ国・地域から参加

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

イベント アクセスランキング

  1. LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

    LEXUSが地域性あるモノづくりを支援、18日に52人の匠が集う

  2. 【新電力EXPO】ゴミの発泡スチロールを電気に!? 圧縮・燃料化システムの実用化進む

    【新電力EXPO】ゴミの発泡スチロールを電気に!? 圧縮・燃料化システムの実用化進む

  3. 【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

    【ウェアラブルEXPO】Beacon端末をウェアラブルする新提案、居場所検知や盗難防止などに

  4. 【ウェアラブルEXPO】どんな眼鏡でも利用可能、メガネスーパーの後付けウェアラブル

  5. 【新電力EXPO】コストはリチウムの半額、1家1工場ごとに蓄電池のある未来

  6. ウェアラブルの未来へ……最新端末と技術を展示する「ウェアラブルEXPO」が開幕

  7. 【ウェアラブルEXPO】光るドレスの電気回路は接着剤……セメダインの導電ペースト

  8. 【農業ワールド:3】農業カリスマが説く、最強の農家の作り方!

  9. 【国際ロボット展】トラクターを無人化する「ロボトラ」、ヤンマーで実証実験進む

  10. パスコの最新航空測量技術…災害支援・自動運転

アクセスランキングをもっと見る

page top