フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施 画像 フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施

海外進出

研修にあたり、日本から指導員を派遣
日本通運は11月12日、10月29日にヤンゴン市内でミャンマー国際貨物利用運送協会(以下、MIFFA)と協力し、現地物流企業向けのフォークリフト安全運転技能研修を実施したと発表した。同研修には、MIFFA会員企業の従業員とミャンマー日通従業員合わせて39人が参加した。

なお、実技訓練のコースに立てる樹脂製の資材が同国では手に入りにくいことから、研修を行うにあたって、受講予定者が樹脂製の資材を手作りで作成した。

研修では、日本から同社のフォークリフト指導員が派遣され、フォークリフトに関する基礎知識や運転操作、事故の事例や点検方法などについての指導が行われた。受講生らはフォークリフトの運転方法が初めてということもあり、指導員の模範実技を真剣な表情で観察していた。

フォークリフトを操作できる人材の育成が急務
ミャンマーは経済発展が著しく、同国内の物流は活発化しているが、現在も荷役作業の多くは人力によって行われている。

同国内の物流量の増加に対応するためには、物流の近代化を図り、フォークリフトを普及させることが不可欠だ。また、同国においてフォークリフトを操作できる人材を育成することが急務となっている。

日本通運は、今後もフォークリフト安全運転技能研修を実施することで、安全かつ効率的な荷役作業を同国内に普及させていき、同国の物流の水準を向上させていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)

フォークリフト運転者育成へ 日本通運 ミャンマーでフォークリフト研修実施

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

    長大、ベトナムで地域創生支援事業展開、農業テーマパークも!

  2. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

    岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

  3. 米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

    米国市場でのHV車販売、プリウス が13万台で首位も前年比は26%減

  4. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  5. 国交相、インフラ海外展開促進に意欲、TPP署名受け、優れた技術アピール

  6. SMSやモバイルバンキングも一般的――アフリカでもモバイルブームが本格化

  7. 台湾・植物工場ビジネスマッチング視察ツアーを開催、11月

  8. 昨年度の国産農畜産物輸出額、牛肉と緑茶は過去最高!

アクセスランキングをもっと見る

page top