フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施 画像 フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施

海外進出

研修にあたり、日本から指導員を派遣
日本通運は11月12日、10月29日にヤンゴン市内でミャンマー国際貨物利用運送協会(以下、MIFFA)と協力し、現地物流企業向けのフォークリフト安全運転技能研修を実施したと発表した。同研修には、MIFFA会員企業の従業員とミャンマー日通従業員合わせて39人が参加した。

なお、実技訓練のコースに立てる樹脂製の資材が同国では手に入りにくいことから、研修を行うにあたって、受講予定者が樹脂製の資材を手作りで作成した。

研修では、日本から同社のフォークリフト指導員が派遣され、フォークリフトに関する基礎知識や運転操作、事故の事例や点検方法などについての指導が行われた。受講生らはフォークリフトの運転方法が初めてということもあり、指導員の模範実技を真剣な表情で観察していた。

フォークリフトを操作できる人材の育成が急務
ミャンマーは経済発展が著しく、同国内の物流は活発化しているが、現在も荷役作業の多くは人力によって行われている。

同国内の物流量の増加に対応するためには、物流の近代化を図り、フォークリフトを普及させることが不可欠だ。また、同国においてフォークリフトを操作できる人材を育成することが急務となっている。

日本通運は、今後もフォークリフト安全運転技能研修を実施することで、安全かつ効率的な荷役作業を同国内に普及させていき、同国の物流の水準を向上させていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)

フォークリフト運転者育成へ 日本通運 ミャンマーでフォークリフト研修実施

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  3. 【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

    【養殖モノを海外で売る!:1】ホタテの次に来そうな魚介類は?

  4. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  5. シンガポールは日本企業のどこに「ベスト」を見ているのか?

  6. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. NZリンゴがスーパー席巻、本末転倒!?

  9. インドネシア初の地下鉄工事本格化…「世界最悪」渋滞解消めざす

  10. JFEエンジニアリング、ミャンマーの鋼構造物製作工場を再拡張

アクセスランキングをもっと見る

page top