フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施 画像 フォークリフト運転者育成へ、日本通運がミャンマーで研修実施

海外進出

研修にあたり、日本から指導員を派遣
日本通運は11月12日、10月29日にヤンゴン市内でミャンマー国際貨物利用運送協会(以下、MIFFA)と協力し、現地物流企業向けのフォークリフト安全運転技能研修を実施したと発表した。同研修には、MIFFA会員企業の従業員とミャンマー日通従業員合わせて39人が参加した。

なお、実技訓練のコースに立てる樹脂製の資材が同国では手に入りにくいことから、研修を行うにあたって、受講予定者が樹脂製の資材を手作りで作成した。

研修では、日本から同社のフォークリフト指導員が派遣され、フォークリフトに関する基礎知識や運転操作、事故の事例や点検方法などについての指導が行われた。受講生らはフォークリフトの運転方法が初めてということもあり、指導員の模範実技を真剣な表情で観察していた。

フォークリフトを操作できる人材の育成が急務
ミャンマーは経済発展が著しく、同国内の物流は活発化しているが、現在も荷役作業の多くは人力によって行われている。

同国内の物流量の増加に対応するためには、物流の近代化を図り、フォークリフトを普及させることが不可欠だ。また、同国においてフォークリフトを操作できる人材を育成することが急務となっている。

日本通運は、今後もフォークリフト安全運転技能研修を実施することで、安全かつ効率的な荷役作業を同国内に普及させていき、同国の物流の水準を向上させていく方針だ。

(画像はニュースリリースより)

フォークリフト運転者育成へ 日本通運 ミャンマーでフォークリフト研修実施

《ミャンマーニュース》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

    自動車輸入大国ミャンマー、不足する整備業界に中小進出のチャンス!

  2. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  3. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  4. 中国、「緑色食品」で残留農薬問題解決へ

  5. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  6. リンゴ「シナノゴールド」、伊で大規模商業栽培。長野県と契約締結

  7. 「親日国」通用せず。JICAがテロ対策で企業の支援強化

  8. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  9. フィリピンの電動トライク事業、渦潮電気が約36億で受注

  10. 中国ブランド定着なるか! 新興スマホメーカーがアフリカ市場に続々参入

アクセスランキングをもっと見る

page top