工場のオシャレ化で女性従業員を呼び込む! 被災水産会社の挑戦 画像 工場のオシャレ化で女性従業員を呼び込む! 被災水産会社の挑戦

マネジメント

【仙台】大森(宮城県気仙沼市、大森寛社長、0226・29・6936)は、女性従業員に配慮したデザインの水産加工工場を完成した。工場内にはカフェをイメージした食堂や商品開発室、女性向けパウダールームなどを完備した。同社は東日本大震災で旧工場が流失し、仮設工場で操業していた。被災地の水産加工業者が人手不足に悩むなか、デザイン性の高さが人材確保の決め手になるか、注目される。

 新設した水産加工工場は、水産業共同利用施設復旧整備事業に採択された。土地取得や機械導入、工場建設費などの総投資額は4億円弱。年内にも稼働する。敷地面積は1217平方メートル、延べ床面積は643平方メートル。HACCPに対応する。

 稼働は当面6人体制とするが、「来年の繁忙期までには女性従業員を採用し、15人体制で稼働する」(大森寛社長)計画としている。

 当面はカツオなどの鮮魚仲買、イクラなどを使った水産加工工場として稼働するが、将来は自社製品を使ったカフェ運営などBツーC(対消費者)事業の開始も視野に入れる。

 設計・施工を担当した総合建設業のタカヤ(盛岡市)の工場ブランド「ファクトリア」の第1号案件となった。同社の担当者は、デザイン性の高い工場について「人材不足に悩む全ての製造業者に提案していきたい」という。

 大森香織大森専務は工場新設について「女性を堂々と募集できる工場にしたかった」と話す。震災前は男性のみ雇用していたが、水産加工食品業では女性従業員が必要なため、衛生環境やデザインなどに配慮した。

 大森は14―15日の2日間、設計、施工を担当した建設業タカヤと共同で工場見学会を開く。

工場のオシャレ化で女性従業員を呼び込む!被災水産会社の挑戦

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 農水省や生産・流通業界、「豚肉・牛乳・乳製品」で輸出戦略

    農水省や生産・流通業界、「豚肉・牛乳・乳製品」で輸出戦略

  2. 医療・福祉施設向け「消臭塗料」 戸田建設など共同開発

    医療・福祉施設向け「消臭塗料」 戸田建設など共同開発

  3. 「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

    「企業のインスタグラム活用法」をテーマとしたセミナー開催

  4. ASEAN大手外食企業との商談会……ジェトロが日本で開催、参加企業募集

  5. スーパーの敷地にバーベキュー場……「手ぶらでバーベキュー」がブームの兆し

  6. 国土交通事務次官は徳山日出男技監……31日付幹部人事で発令

  7. 佐藤工業、宮本雅文代表取締役専務の社長昇格を発表

  8. 「駆け出しのころ」――佐藤工業代表取締役専務執行役員・宮本雅文氏

  9. 同族経営の世代交代をスムーズに!中小企業の多くを占める同族経営向けトラブル解消サービス

アクセスランキングをもっと見る

page top