TPPによる“攻めの農業”、農産物の輸出支援サービスが登場! 画像 TPPによる“攻めの農業”、農産物の輸出支援サービスが登場!

インバウンド・地域活性

 伊藤忠テクノソリューションズは16日、ウォーターセルと連携した農産物輸出支援プラットフォームを開発。2017年度の商用サービス化を目指す。

 ウォーターセルではスマートフォンやタブレットを使い、農作業データを現場で記録できるクラウド型の農業生産管理ツール「アグリノート」を開発・提供している。今回開発したプラットフォームは、これと連携したものだ。

 「アグリノート」では農薬の種類や散布回数などを記録し、流通業者を含めた関係者で情報共有ができるほか、農林水産消費安全技術センターの農薬データを利用した成分レベルでの把握も可能となっている。これらのデータをもとに、農産物の輸出の際、各国・地域の農薬使用に関するリスク判定を支援する。

 TPP協定(環太平洋パートナーシップ協定)の合意に向けて政府が“攻めの農業”を打ち出したことで、国内農産物の輸出政策に注目が集まっている。同プラットフォームは、海外各国・地域によって異なる農薬等の基準に合わせ、輸出の可否を判定できるサービス。まさに、“攻めの農業”を後押しするツールとして期待される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 和歌山市駅前再開発、ホテルや図書館も

  5. JR東海がリニア名古屋駅着工へ

  6. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(1)

  7. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  8. 「コナミクリエイティブセンター銀座」、スマホ向けゲームの開発拠点に!

  9. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】小さな港町に数万人を集める「大洗ガルパンプロジェクト」(2)

  10. 新潟の三セク鉄道2社がラッピング列車でコラボ、補助金を活用

アクセスランキングをもっと見る

page top