TPPによる“攻めの農業”、農産物の輸出支援サービスが登場! 画像 TPPによる“攻めの農業”、農産物の輸出支援サービスが登場!

インバウンド・地域活性

 伊藤忠テクノソリューションズは16日、ウォーターセルと連携した農産物輸出支援プラットフォームを開発。2017年度の商用サービス化を目指す。

 ウォーターセルではスマートフォンやタブレットを使い、農作業データを現場で記録できるクラウド型の農業生産管理ツール「アグリノート」を開発・提供している。今回開発したプラットフォームは、これと連携したものだ。

 「アグリノート」では農薬の種類や散布回数などを記録し、流通業者を含めた関係者で情報共有ができるほか、農林水産消費安全技術センターの農薬データを利用した成分レベルでの把握も可能となっている。これらのデータをもとに、農産物の輸出の際、各国・地域の農薬使用に関するリスク判定を支援する。

 TPP協定(環太平洋パートナーシップ協定)の合意に向けて政府が“攻めの農業”を打ち出したことで、国内農産物の輸出政策に注目が集まっている。同プラットフォームは、海外各国・地域によって異なる農薬等の基準に合わせ、輸出の可否を判定できるサービス。まさに、“攻めの農業”を後押しするツールとして期待される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《加藤宏之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

    気仙沼湾横断橋の上部工で初弾発注、補正予算に工事費を計上

  2. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  3. 武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

    武蔵小金井駅南口再開発、総延べ約11万平方メートルのツインタワービル建設

  4. 地方の行政官と話がしたい! 日南市のマーケティング専門官

  5. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  6. 狙え、インバウンド需要! ホテル業界の事業戦略を追う

  7. 羽田空港跡地開発、2020年の新しい街づくりへ

  8. 都市型ホテル「東急ステイ」全国展開へ、地方へのインバウンドに対応

  9. 横浜スタジアムの増築改修、オリンピックを踏まえ6000席増設へ

  10. 東京圏国家戦略特区の追加へ、提案されたのは歌舞伎町のほかどのエリア?

アクセスランキングをもっと見る

page top