記者が見たMRJ初飛行! 11.11ドキュメント、その瞬間、まさかの… 画像 記者が見たMRJ初飛行! 11.11ドキュメント、その瞬間、まさかの…

インバウンド・地域活性

 11月11日、国産旅客機「MRJ」が愛知県豊山町の県営名古屋空港から初飛行した。私(ニュースイッチファシリテーターの杉本要)も記者兼カメラマンとして、その瞬間に立ち会った。優雅に離陸していくMRJ。ハイタッチや握手で喜びを分かち合う関係者。胸には熱いものがこみ上げた。日本の航空機産業にとって歴史的な一日となった「11.11」を取材ドキュメントで振り返りたい。

05:45
 晩秋の肌寒い朝だった。空は快晴。11月11日。MRJがいよいよ初飛行する日だ。
メディアは朝6時30分に現地集合だったため、「念には念を」と前もって行動したつもりだった。それでも5時45分、現場に到着した時にはすでに大勢の報道陣がスタンバイ。本紙(日刊工業新聞)は、名古屋支社ほぼ総出+東京本社からも応援という万全の体制を敷いていたが、どうやら他のメディアも同じ勢いのようだ。

 カメラ位置抽選の列に並ぶ。本紙が引いた数字は「22」。100社弱というメディア登録の中では、けっこう早いほうだ。いい撮影位置がゲットできるかもしれない。
 メディアの取材場所である空港エプロンにバスで移動する。途中、制限エリアに入るために少し手間取ったようで、バスは停止した。すると右手前、フェンスの向こうに、「本日の主役」が見えるではないか。朝日を浴びて輝く「MRJ」だ。整備士が機体の周りを入念にチェックしている。

 しばらくするとMRJの隣に駐機していたJAXAの飛行検査機「飛翔」がエンジンを回し、やがて離陸していった。「飛翔」はMRJに先駆けて飛行試験の空域へ飛び、気象条件などをチェックすることになっている。これが飛んだということは、三菱は今日、ついに本気でMRJを飛ばすようだ。

 実は、私はこの段になってもなお、MRJが飛ぶことに対して100%の自信を持てずにいた。4年以上に及ぶMRJの取材で、計3回の初飛行延期を目にしてきた。「あと一回くらい遅れるかも」、「直前で飛ばないかも」。そんな気持ちがどこかにあった。取材先(三菱航空機ではない)の中には、さらなる遅れを懸念する人も何人かいた。三菱を信じたい。信じたいが・・・。

 バスは報道陣用の撮影スペースに到着した。各社、くじ番号順に好きな位置へ撮影機材を置いていく。すると撮影スペース後方にも、スーツに身を固めた関係者・来賓が続々と集まってくる。歴代の三菱重工業社長経験者や三菱航空機社長、機体審査に当たる国土交通省関係者、初号機の受領を待ち続けるANA関係者など。思わずノートを片手に話を聞こうとするも、「ここでは取材NGです」、と遮られてしまった。

09:00
 午前9時頃、MRJに随伴する三菱航空機の社有機が離陸した。これに航空自衛隊岐阜基地から飛び立った練習機も合流。名古屋空港上空を時計回りに周回し、「主役」の離陸を舞っている。

 そこに女性の場内アナウンスが入った。「ただいま、MRJはエンジンを始動したとの情報が入りました」。現場には緊張が走る。いよいよだ。私も、ウェブ配信用の動画を撮るため、所定の位置でMRJの始動を待つ。

 9時20分、MRJはついに滑走路に向かって走行し始めた。我々のいる撮影スペースに背を向け、誘導路をゆっくりと南側に進んでいく。日の光を浴び、胴体上部、魚で言えば尾びれのあたりが白く輝いている。壮観だ。

 誘導路を南端まで進んだMRJは、滑走路手前で数分間待機した後、滑走路に進入した。場内アナウンスが日本語と英語で告げる。「MRJはまもなく離陸します」。
 周りではテレビ局の記者やアナウンサーが、刻一刻と迫る初飛行の瞬間を逃さぬよう、レポートを続けている。世紀の瞬間を逃してはいけない。ビデオカメラをいったん持ち直し、そのときに備えた。

ついに初飛行、その瞬間―

ついに初飛行、その瞬間―
 そして、その時は訪れた。9時35分。MRJは加速を始めた。1秒、2秒と過ぎていくうちに、周囲で一斉に「動き出しました」とのレポートが聞こえてくる。ビデオカメラから片時も目を離さぬよう、MRJを追う。徐々にスピードを上げる機体。ぐんぐんぐんぐん近づいてくる。我々とMRJの距離は数百メートルに迫ったか。カメラのシャッター音が鳴り止まない。

 機首が上を向く。前輪が滑走路から離れる。よし、よし、離陸するぞ!!

 ・・・あっ・・・。

 次の瞬間、視界には赤白の建物が入ってきた。MRJを遮るように、赤白の建物がレンズに現れた。これでは離陸の瞬間が押さえられない!・・・一瞬の出来事だった。MRJは突然視界に入ってきた赤白の建物に隠れ、後ろ側から再登場した時には、すでに後輪が浮き、離陸していた。嗚呼、人生とはこういうものか。肝心の離陸が・・・。

 と、考えているうちにもMRJは横を通り過ぎ、どんどん高度を上げていく。初飛行の高揚感はなく、ビデオカメラを思い切り左上に振って、必死に画面の中で機体を捉え続けた。MRJのエンジン音は、前評判通り、静かな印象だ。MRJを追いかけるように上空を通過した練習機の、何と騒がしかったことか。

 徐々にMRJの機影は小さくなっていく。関係者席の方からは自然に拍手が上がった。MRJはやがて右に旋回し、南方、太平洋の方向へ消えていった。

 一息ついた後、周囲の知り合い記者と、離陸の瞬間を話し合った。例の「赤白の建物」についてだ。メディア向けの事前説明会でも「MRJは赤白の建物に隠れてしまうかもしれません」ということは通告されていた。だがしかし、こうもきれいに重なってしまうとは・・・。その場にいたカメラマンの方々も、だいたい離陸の瞬間を押さえられなかったようだ。

 着陸までは1時間半ほどある。安全のため現場を一度清掃するというので、いったん空港エプロンから待避。何をするにも落ち着かず、三菱の広報に質問したり、他の記者らと雑談したりしながら、着陸の時を待った。

着陸、拍手の嵐
 そして10時40分前後、再びエプロンに集合の号令がかかり、続々と撮影スペースに戻る。場内アナウンスによれば、MRJは11時05分頃に着陸の予定らしい。予定していた11時10分よりも、少し早まっているようだ。

 再び機材をセットし、広報マンと雑談したりしているうちに、ふと南の方角に目をやると、もう遠くにMRJらしき機影が見えるではないか。急いで脚立に登り、撮影を再開する。予定より早い到着になるのか。

 MRJは、自身が放つ白い光とともに、徐々に高度を下げながら近づいてくる。一瞬、風にあおられているようにも見えたが、危なさは感じさせない。その姿に滑走路が近づき、再びカメラのシャッターが勢いよく切られ始めた時、MRJは名古屋空港に降り立った。
 タイヤから一瞬の白煙を上げた後、ゆったりと減速し始めると、関係者スペースからは大きな拍手がわき起こった。そして鳴り止まない。
YS―11以来、53年ぶりの国産旅客機の初飛行。手が少し震えていた。うれしい。すごい。よく頑張った。いろいろな感情がこみ上げてきた。
時刻は11時02分。1時間27分の飛行だった。

 操縦かんを握った機長の安村佳之チーフテストパイロットは、記者会見で「離陸速度に達したとき、飛行機が飛びたいと言っている感じでフワッと浮いた。安定した状態で上昇した」という名言を残した。また、MRJのチーフエンジニアを務め、「MRJの堀越二郎」との社内評で知られる岸信夫副社長は「実は不安で仕方なかった」と、責任者の胸の内を明かした。

ベンチャースピリット
 MRJは、日本の航空機産業の総力をあげて作り込んだ機体だ。三菱重工や、装備品を供給するナブテスコや島津製作所などに加え、川崎重工業や富士重工業など、普段はライバル関係にある他の重工会社も技術者を派遣。表に裏に協力してきた。国や大学、全日本空輸(ANA)をはじめ航空会社も開発を力強く支援する。

 現在放送中のドラマ「下町ロケット」(池井戸潤原作)では、帝国重工といういかにも「親方日の丸」の企業が登場する。日本でロケットを製造しているのは三菱重工やIHIなどに限られ、どうしても重工メーカー=巨大企業、プライドが高く融通が利かないというイメージがある。
 しかし、MRJを開発する三菱航空機はまだまだ1500人の所帯。海外の航空機メーカーに比べれば小さなものだ。その意味で、三菱航空機、そしてMRJは、これまでなかった新たな産業に参入するという、日本人にとって久方ぶりのベンチャースピリットを感じさせてくれる。海外勢が席巻する空の勢力図を、塗り替えるかもしれない。
何よりも「空への夢」を駆り立て、「あの飛行機にいつか乗ってみたい」という希望を抱かせてくれる。飛行機とは、なぜこんなにも人の心を惹きつけるのだろう。

 一方、初号機を受け取るANAへの納入は約1年半後。納期順守に向け、薄氷を踏むような毎日だ。来年夏からは米国での飛行試験が始まり、MRJの最大のヤマ場となることが予測される。他にも、航空会社向けのサポートや部品供給体制など課題を挙げればきりがない。しかし今回は、MRJ開発者に最大限の賛辞を贈りたいと思う。夢をありがとう、MRJ。

(日刊工業新聞社名古屋支社 杉本要)

記者が見たMRJ初飛行! 11.11ドキュメント

《ニュースイッチ by 日刊工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 富裕層インバウンドの法則その3

    富裕層インバウンドの法則その3

  3. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. インバウンドと30代の女性のニーズは被るらしい

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 11室の動くホテル、夜行高速バスの車両価格「い、い、いちおく!?」

  9. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  10. 東京・晴海五丁目西地区の選手村整備、着手へ

アクセスランキングをもっと見る

page top