成田市、ロンドンへ農産物試験輸出…市場内で輸出手続一括 画像 成田市、ロンドンへ農産物試験輸出…市場内で輸出手続一括

インバウンド・地域活性

 千葉県成田市や生産者、流通業者などでつくる成田市場輸出拠点化推進協議会は12日、同市の成田市公設地方卸売市場で輸出手続きを済ませ、成田国際空港から英国・ロンドンへ農産物を試験輸出した。同市が国家戦略特区に提案している卸売市場を活用した農林水産物の輸出拠点化プロジェクトの一環。輸出した農産物は14日から現地で試食、販売を通じたニーズ調査に活用する。

 同市場が成田国際空港に近いという立地を生かし、産地証明の発行、植物検疫検査、爆発物検査、通関の輸出手続きを市場内で行う。市場内で輸出手続きを一手に行うことで、他の国内拠点を経由する場合と比べ1.5~3日早くなる。同協議会は2020年に同市場経由の輸出額88億円を目標に掲げている。

 輸出したのは千葉県を中心にした関東・東北地方などから梨やイチゴ、柿、水菜、ネギなど13品目で97キロ。同協議会は現地へ同市の小泉一成市長を団長とする訪問団を派遣し、14、15日はロンドンで物産展を開き、イチゴや梨、水菜、トマト、サツマイモなどの試食、販売を行う。

 16日にはロンドンにある日本大使館で現地の卸売業者、レストラン、スーパー、バイヤーらを招き、日本産農産物をPRする。

 輸出手続きを見届けた小泉市長は「輸出手続きが(市場で)ワンストップでできることで、スピード感を持って新鮮な農産物を送り出せる。輸出する農家にとっても手続き上、便利になるのでは」と述べた。

ロンドンへ試験輸出 成田市場拠点化推進協 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

    「イオンモール幕張新都心」前の京葉線新駅が建設決定

  2. 上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

    上信越道・北野牧トンネル、巨大な岩塊の撤去工事開始!

  3. リニア新幹線、長大トンネル工事が本格化/最大の難所は南アルプストンネル

    リニア新幹線、長大トンネル工事が本格化/最大の難所は南アルプストンネル

  4. 月島三丁目北地区再開発、高さ約199メートルの超高層マンションを中心

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 六本木ヒルズが開業15周年、コンパクトシティーの先駆け

  8. 首都圏Look at/都内に200m超ビル続々/都心のスカイライン様変わり

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. どうなる「もんじゃストリート」? 月島三丁目北地区再開発

アクセスランキングをもっと見る

page top