成田市、ロンドンへ農産物試験輸出…市場内で輸出手続一括 画像 成田市、ロンドンへ農産物試験輸出…市場内で輸出手続一括

インバウンド・地域活性

 千葉県成田市や生産者、流通業者などでつくる成田市場輸出拠点化推進協議会は12日、同市の成田市公設地方卸売市場で輸出手続きを済ませ、成田国際空港から英国・ロンドンへ農産物を試験輸出した。同市が国家戦略特区に提案している卸売市場を活用した農林水産物の輸出拠点化プロジェクトの一環。輸出した農産物は14日から現地で試食、販売を通じたニーズ調査に活用する。

 同市場が成田国際空港に近いという立地を生かし、産地証明の発行、植物検疫検査、爆発物検査、通関の輸出手続きを市場内で行う。市場内で輸出手続きを一手に行うことで、他の国内拠点を経由する場合と比べ1.5~3日早くなる。同協議会は2020年に同市場経由の輸出額88億円を目標に掲げている。

 輸出したのは千葉県を中心にした関東・東北地方などから梨やイチゴ、柿、水菜、ネギなど13品目で97キロ。同協議会は現地へ同市の小泉一成市長を団長とする訪問団を派遣し、14、15日はロンドンで物産展を開き、イチゴや梨、水菜、トマト、サツマイモなどの試食、販売を行う。

 16日にはロンドンにある日本大使館で現地の卸売業者、レストラン、スーパー、バイヤーらを招き、日本産農産物をPRする。

 輸出手続きを見届けた小泉市長は「輸出手続きが(市場で)ワンストップでできることで、スピード感を持って新鮮な農産物を送り出せる。輸出する農家にとっても手続き上、便利になるのでは」と述べた。

ロンドンへ試験輸出 成田市場拠点化推進協 

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

    「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  3. 大丸心斎橋店本館を建替、ヴォーリズ建築の価値を継承

    大丸心斎橋店本館を建替、ヴォーリズ建築の価値を継承

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  6. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  9. 富裕層インバウンドの法則その2

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top