東京・丸の内、東京商工会議所ビルなど3棟建て替え、11月16日着工へ 画像 東京・丸の内、東京商工会議所ビルなど3棟建て替え、11月16日着工へ

インバウンド・地域活性

 三菱地所、東京商工会議所、東京会館が進めていた東京・丸の内の既存ビル3棟(富士ビル、東京商工会議所ビル、東京会館ビル)の共同建て替え計画「(仮称)丸の内3-2計画」が16日に本体着工する。11日に現地で起工式を行った。設計は三菱地所設計、施工は大成建設が担当。18年10月中旬の完成を目指す
 神事では、大内政男三菱地所設計社長が鎌、木村恵司三菱地所会長、三村明夫東京商工会議所会頭、藤原幸弘東京会館社長が鍬、山内隆司大成建設会長が鋤を入れ、工事の安全を祈った。
 あいさつした杉山博孝三菱地所社長は「MICE(国際的イベント)機能を備え、国際競争力の向上を目指す東京にふさわしい施設になる」と強調。三村会頭は「完成後に開かれる東京五輪を契機にさまざまな催しを行い、未来に向けて一層の繁栄を目指したい」、藤原社長は「料理も接客もレベルアップさせ、最新の設備で皆さまを迎えたい」と話した。
 建設地は東京都千代田区丸の内3の2ほか(敷地面積9935平方メートル)。既存ビル3棟を取り壊した跡地に、S・SRC造地下4階地上30階塔屋2階建て延べ17万3857平方メートル規模で高さ約150メートルの高層ビルを新設する。地上7階までの低・中層部に東京商工会議所や東京会館の機能(会議場、宴会場、商業施設)、セットバックした8階以上の高層部にオフィスを配置する。
 ビル内には、丸の内熱供給が運営する地域冷暖房のメーンプラントも新設する。丸の内仲通りの地下に洞道を整備し、近隣ビルと熱や電力、水、情報を融通し合う。
 工事着手に当たり、大内社長は「機能性や安全性はもちろんだが、歴史と格式のある建物にしたい」と設計コンセプトを説明。山内会長は「われわれの英知を結集し、誠心誠意施工に当たり、工期内に無事故無災害で完成させたい」と意気込みを示した。
 □愛甲寿朗作業所長(大成建設)の話□
 「大深度(深さ約29メートル)・超高層の建築に携わってきた経験を生かしたい。しっかりと安全と品質を管理し、必ず顧客が満足のいく建物に仕上げたい」。

三菱地所ら/丸の内3-2計画(東京都千代田区)/大成建設で本体着工

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

    なぜ、日本の〇〇街道は成功しないのか?

  4. 富裕層インバウンドの法則その1

  5. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  6. 富裕層インバウンドの法則その2

  7. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  8. 「社会的行為」から「個人的体験」へ。変化を迫られる観光

  9. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  10. ウレタン樹脂充てん型の道路凍結抑制舗装、標準仕様確立

アクセスランキングをもっと見る

page top