硝酸アンモニウムのインフレータ「国内も検討」……石井国交相 画像 硝酸アンモニウムのインフレータ「国内も検討」……石井国交相

海外進出

石井啓一国土交通相は11月13日の閣議後会見で、タカタ製エアバッグの硝酸アンモニウムを使用したインフレータについて「国内での取り扱いについて、早急に検討していきたい」と述べた。

硝酸アンモニウムを使用したインフレータについて、米国で使用禁止とされたことについて石井国交相は「11月3日に米当局が発表した同意指令で、タカタは硝酸アンモニウムを使用したインフレータの生産・販売を段階的に停止することなどに合意している」と述べた。

国交相はさらに「これを受けて、国内の主要自動車メーカー各社が硝酸アンモニウムを使用したタカタ製エアバッグのインフレータの使用をやめると表明している」と述べ、ユーザーの安全確保の観点から、国内での取り扱いについて検討を進める考えを示した。

硝酸アンモニウム使用のインフレータ「国内での扱い、早急に検討」 石井国交相

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    【Sakeの海外戦略:1】世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  2. トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

    トランスコスモス、ジャカルタにオペレーション拠点を設立

  3. 東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

    東急建設がバングラデシュ初となる都市高速鉄道、請負額80億円

  4. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  5. パックご飯が欧米で人気沸騰中!

  6. タイ国鉄、北部チェンライに鉄道延伸計画

  7. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  8. 海外進出にも商機! 農林水産物の15年輸出が過去最高

  9. ホンダ八郷社長、2017年展望「薄曇りだが、北米と中国にチャンスも」

  10. 駐車場ビジネスのアジア進出、伸びの高いジャカルタで始まる!

アクセスランキングをもっと見る

page top