硝酸アンモニウムのインフレータ「国内も検討」……石井国交相 画像 硝酸アンモニウムのインフレータ「国内も検討」……石井国交相

海外進出

石井啓一国土交通相は11月13日の閣議後会見で、タカタ製エアバッグの硝酸アンモニウムを使用したインフレータについて「国内での取り扱いについて、早急に検討していきたい」と述べた。

硝酸アンモニウムを使用したインフレータについて、米国で使用禁止とされたことについて石井国交相は「11月3日に米当局が発表した同意指令で、タカタは硝酸アンモニウムを使用したインフレータの生産・販売を段階的に停止することなどに合意している」と述べた。

国交相はさらに「これを受けて、国内の主要自動車メーカー各社が硝酸アンモニウムを使用したタカタ製エアバッグのインフレータの使用をやめると表明している」と述べ、ユーザーの安全確保の観点から、国内での取り扱いについて検討を進める考えを示した。

硝酸アンモニウム使用のインフレータ「国内での扱い、早急に検討」 石井国交相

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

    アジア6割、欧米4割「日本産緑茶を飲んだことがある」/海外市場の日本茶ニーズ

  2. 盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

    盆栽に続くか? コケ玉「MASUMOSS」が海外で人気

  3. 高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

    高成長を続ける中古車輸出、2017年の展望は?

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  6. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  7. “世界最大のウラン産出国”カザフスタンが「核燃料バンク」設立へ

  8. アジア最大級のモーターショーが2月にインドのデリーで開催

  9. 小学校段階での英語教育や海外体験はなぜ必要?

  10. 三菱マテリアル、インドネシアの製造体制を拡充…超硬ソリッド工具

アクセスランキングをもっと見る

page top