硝酸アンモニウムのインフレータ「国内も検討」……石井国交相 画像 硝酸アンモニウムのインフレータ「国内も検討」……石井国交相

海外進出

石井啓一国土交通相は11月13日の閣議後会見で、タカタ製エアバッグの硝酸アンモニウムを使用したインフレータについて「国内での取り扱いについて、早急に検討していきたい」と述べた。

硝酸アンモニウムを使用したインフレータについて、米国で使用禁止とされたことについて石井国交相は「11月3日に米当局が発表した同意指令で、タカタは硝酸アンモニウムを使用したインフレータの生産・販売を段階的に停止することなどに合意している」と述べた。

国交相はさらに「これを受けて、国内の主要自動車メーカー各社が硝酸アンモニウムを使用したタカタ製エアバッグのインフレータの使用をやめると表明している」と述べ、ユーザーの安全確保の観点から、国内での取り扱いについて検討を進める考えを示した。

硝酸アンモニウム使用のインフレータ「国内での扱い、早急に検討」 石井国交相

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

    インド高速鉄道建設、JR東グループ中心に事業参画へ!

  2. ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

    ~日本式介護の輸出:2~アジア進出の実績が人材を循環させる!

  3. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

    ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  4. ミャンマー訪問から~大きく変化する国とその経済成長~

  5. 経済発展に湧くベトナムでの日系企業の挑戦

  6. ~日本式介護の輸出:1~有望国は中国! タイ、マレーシアも注目

  7. ドン・キホーテがバンコクで商業施設開発、シンガポールに続く2カ国目

  8. 三井不/米国でオフィスビル開発参画/総事業費4000億円超、22年竣工めざす

  9. 日本商工会議所、ミャンマーでのビジネス協議会合同会議への参加者を募集

  10. フジタら3社、ミャンマーで大規模複合開発/オフィスと商業施設のほかホテルも

アクセスランキングをもっと見る

page top