ありそうでなかった? 引違い戸用オートロックに技術大賞 画像 ありそうでなかった? 引違い戸用オートロックに技術大賞

インバウンド・地域活性

 東京都板橋区で「第19回 いたばし産業見本市」が開催された。

 会場には「板橋製品技術大賞 2015」の受賞製品も展示されていたが、そのなかの1社「KEYLEX800 引違い戸自動施錠」で審査委員長賞を受賞した長沢製作所に話を聞いた。

 同製品は引違い戸をオートロックすることができるボタン錠だ。扉を閉めると自動的にオートロックがかかる。「そもそも引違い戸向けにはオートロックの鍵がなかったんです」と企画開発部の森田氏は話す。日本国内には引違い戸を使用しているシーンが意外と多い。開発のきっかけについて「JRからの問い合わせ」という。言われてみると、ホームや改札近くは引き戸よりも引違い戸が多いかもしれない。また、工事現場や自治会の大きな物置への設置からも引き合いが多いと話す。「こんなに需要があるのに何故、(引違い戸用のオートロック)がなかったのか不思議と言えば不思議ですね」。

 同社はもともとキーレス錠の開発・販売を行う企業。「KEYLEX800 引違い戸自動施錠」は3万5500円~80000円。室内もボタン錠にしたいという需要があるため、価格に幅をもたせているという。

ありそうでなかった? 業界初の引違い戸用オートロックに技術大賞

《RBB TODAY》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 富裕層インバウンドの法則その5

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top