農山漁村を観光・交流拠点に…滋賀県が農家民宿志望者向け研修会 画像 農山漁村を観光・交流拠点に…滋賀県が農家民宿志望者向け研修会

インバウンド・地域活性

 滋賀県で農家民宿を開業している人、開業を検討している人向けに「農家民宿魅力アップ研修会」を開催する。開催日は県北部地域が12月5日、県南部地域が2016年1月30日。

 農山漁村の産業を観光資源として活用することは、地域活性化の手段として注目を集めている。近年では子ども向けに学びや体験を提供する場としても役立っているようだ。

 滋賀県でもこうした都市と農山漁村の交流活動の受け入れ拠点として、農家への滞在を促進してきた。今回の研修会はその一環として行われる。

 会場ではまず農家民宿や民泊制度の概要を解説。その後、成美大学経営情報学部の中尾誠二教授による基調講演「農山漁村民泊・民宿の現状と将来展望」と、北部と南部それぞれでの事例講演を行う。講演後は意見交換や個別での開業相談なども予定。

 参加費は無料で、北部・南部ともに定員は50名。北部開催の会場は長浜市立木之本スティックホールで、参加締め切りは12月1日。南部開催の会場は甲賀市立サントピア水口で、参加締め切りは2016年1月26日。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

    名古屋城天守閣、木造復元できるのは世界でこの城だけ!

  2. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

    仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  3. 小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

    小田原箱根商議所が平成の城下町・宿場町構想を発表、江戸時代の景観復活へ

  4. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  5. 大阪城パークセンター、旧第四師団司令部庁舎はどう変わるのか?

  6. 東京23区内の2016年度大規模開発、都心部で活況続く!

  7. 成田空港四者協議会、第3滑走路新設検討、整備費は1000億規模

  8. 新橋駅前ビル周辺再開発、輝きを取り戻せるか?

  9. 【地方発ヒット商品の裏側】海外アパレルも注目する世界一薄いシルク「フェアリー・フェザー」

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top