使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ 画像 使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ

インバウンド・地域活性

 スダチ産地であるJA徳島市が販売する、5ミリリットルの少量果汁パック「すだち100ステッィク」が好評だ。家庭用から土産用、中食用と需要が幅広く、3年連続で1000万円を売り上げる。JAではスダチの良さを知ってもらう商品として、消費の拡大に期待する。

 1パックは5ミリリットルと、1個分の果汁が入った使い切りサイズだ。焼き魚や刺し身、冷ややっこなどに向く。10パック入りで194円。関東のスーパーや生協を中心に販売する。

 同JAは年間1200~1400トンを生産し、約半分が加工用になる。JA農産工場は業務用の18リットルパックや1升瓶入りをメーンに、消費者向けに小瓶入りを生産、販売する。より手軽に試してもらえるようにと5ミリリットルパックが登場した。

 食卓用として売り出し、県外の人からは土産用に、県内の人からは旅行用として人気が出ている。近年はコンビニエンスストアのうどんに付けたり、焼酎のおまけに使ったりと注文が入り、取扱先が増えている。

 JA農産工場の小川吉文工場長は「スダチは一度使ったらやみつきになる。そのきっかけになる商品。スダチ消費の底上げにつなげたい」と販売に力を入れる。

やみつき スダチ果汁 少量パック、販売好調 JA徳島市

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

    虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 【Sakeの海外戦略:2】酒蔵ツアーに見る海外ニーズ

  5. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  6. 観光関連ビジネスは顧客ターゲットを訪日外国人へ!旅行・観光消費動向調査

  7. 水揚げ新鮮魚介が直接届くオーナー制度が登場! 漁業活性化へ

  8. インバウンド牽引するインフラ・鉄道を地方創生のカギに

  9. 「恐怖の下り」判断を誤る…50キロのトレイルラン、記者が体験(3)

  10. 富裕層インバウンドの法則その1

アクセスランキングをもっと見る

page top