使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ 画像 使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ

インバウンド・地域活性

 スダチ産地であるJA徳島市が販売する、5ミリリットルの少量果汁パック「すだち100ステッィク」が好評だ。家庭用から土産用、中食用と需要が幅広く、3年連続で1000万円を売り上げる。JAではスダチの良さを知ってもらう商品として、消費の拡大に期待する。

 1パックは5ミリリットルと、1個分の果汁が入った使い切りサイズだ。焼き魚や刺し身、冷ややっこなどに向く。10パック入りで194円。関東のスーパーや生協を中心に販売する。

 同JAは年間1200~1400トンを生産し、約半分が加工用になる。JA農産工場は業務用の18リットルパックや1升瓶入りをメーンに、消費者向けに小瓶入りを生産、販売する。より手軽に試してもらえるようにと5ミリリットルパックが登場した。

 食卓用として売り出し、県外の人からは土産用に、県内の人からは旅行用として人気が出ている。近年はコンビニエンスストアのうどんに付けたり、焼酎のおまけに使ったりと注文が入り、取扱先が増えている。

 JA農産工場の小川吉文工場長は「スダチは一度使ったらやみつきになる。そのきっかけになる商品。スダチ消費の底上げにつなげたい」と販売に力を入れる。

やみつき スダチ果汁 少量パック、販売好調 JA徳島市

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

    世界貿易センタービルディングの解体、160メートルは国内最高層!

  2. 急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

    急速にFIT化するインバウンド市場。新しいタイプのバス商品が登場

  3. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

    五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  4. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  5. 栃木県で総合スポーツゾーン新スタジアム、天然芝のサッカー場も

  6. 横浜みなとみらい21、プラネタリウムやデジタルプラネットカフェも!

  7. 地域を“アゲる”観光行政、“サゲる”観光行政

  8. どうなる「もんじゃストリート」? 月島三丁目北地区再開発

  9. ■ニュース深掘り!■DMOの課題は予算、その対応は?

  10. 日本油脂王子工場跡地開発、大型商業施設と共同住宅の建設へ

アクセスランキングをもっと見る

page top