使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ 画像 使い切りスダチ果汁パック好調、3年連続1000万円売上げ

インバウンド・地域活性

 スダチ産地であるJA徳島市が販売する、5ミリリットルの少量果汁パック「すだち100ステッィク」が好評だ。家庭用から土産用、中食用と需要が幅広く、3年連続で1000万円を売り上げる。JAではスダチの良さを知ってもらう商品として、消費の拡大に期待する。

 1パックは5ミリリットルと、1個分の果汁が入った使い切りサイズだ。焼き魚や刺し身、冷ややっこなどに向く。10パック入りで194円。関東のスーパーや生協を中心に販売する。

 同JAは年間1200~1400トンを生産し、約半分が加工用になる。JA農産工場は業務用の18リットルパックや1升瓶入りをメーンに、消費者向けに小瓶入りを生産、販売する。より手軽に試してもらえるようにと5ミリリットルパックが登場した。

 食卓用として売り出し、県外の人からは土産用に、県内の人からは旅行用として人気が出ている。近年はコンビニエンスストアのうどんに付けたり、焼酎のおまけに使ったりと注文が入り、取扱先が増えている。

 JA農産工場の小川吉文工場長は「スダチは一度使ったらやみつきになる。そのきっかけになる商品。スダチ消費の底上げにつなげたい」と販売に力を入れる。

やみつき スダチ果汁 少量パック、販売好調 JA徳島市

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

    名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  3. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

    リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

  4. 遊休物件のコテージが、シーズン稼働率9割を実現した理由

  5. 名古屋市が大規模展示場整備の調査結果を公表

  6. どうなる、新国立競技場? システム関連はスポーツ振興センター

  7. 大阪大学グローバルビレッジ施設、PFI実施方針公表

  8. 大和リゾート、インバウンドに向け都市型ホテル事業参入

  9. 都営青山北町アパート跡地開発、90メートルの高層ビルを含む複合施設へ

  10. 和歌山市の市民文化交流センター計画、和歌山城を意識した外装デザインに!

アクセスランキングをもっと見る

page top