都内中小企業のアジア進出を強力支援、都中小企業振興公社初の海外拠点設立 画像 都内中小企業のアジア進出を強力支援、都中小企業振興公社初の海外拠点設立

海外進出

 東京都中小企業振興公社が初の海外拠点をタイ・バンコクに設立する。12月21日から現地で業務を開始。中小企業の海外販路開拓をサポートしていく計画だ。

 タイ事務所はタイを中心としたASEAN諸国でビジネスネットワーク拡大を支援するための拠点。タイ工業省やカシコン銀行、東京都立産業技術研究センターバンコク支所といった機関と連携しながら活動を行う。

 主な業務はASEAN地域の情報提供や取引に関する相談、都内中小企業と現地企業をマッチングする商談会やセミナーの開催、商談スペースの提供、都内中小企業のPRなど。11月下旬には公社タイ事務所のホームページも開設される。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. 「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

    「日本流タクシー」がフィリピンで成功した理由

  2. トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

    トヨタ、タイで新型「カローラ・アルティス」を発売

  3. スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

    スズキ、アセアン地域向けに二輪車の新型モデルを発表

  4. IIS、インド貨物鉄道17橋の建設210億円で受注……ベトナムなど海外橋梁建設に実績

  5. NEC、光海底ケーブル敷設プロジェクトを受注

  6. 【国産家具を世界へ!:3】中国・韓国市場は高級家具で勝負!

  7. 古河電工、ミャンマーで情報インフラ整備事業

  8. 居酒屋「四十八漁場」、シンガポールに初の海外店

  9. キングスオート社長が語る香港中古車ビジネス

  10. 岩手県で鉢物リンドウの知財権をEUに輸出、収入は品種改良に

アクセスランキングをもっと見る

page top