安川電機、韓国に「ロボットセンタ」を開設 画像 安川電機、韓国に「ロボットセンタ」を開設

海外進出

安川電機は、ロボット事業を強化するため、韓国大邱(テグ)市に、100%子会社である韓国安川電機の南部支店を拡大・移転するとともに、「韓国ロボットセンタ」を設立した。

韓国には、自動車・半導体・液晶をはじめとしたグローバルメーカーが多く存在し、その部品を生産する企業も含め、ロボットを利用した自動化で先端企業が多数ある。同社は1978年に韓国に駐在員事務所を設立以来、1994年10月に現地法人「韓国安川電機」を設立、モーションコントロール製品を中心に事業展開してきた。

2000年代には、現地での生産自動化をサポートするため、ロボット事業活動を推進・拡大し、多くの自動車・半導体・液晶生産設備で産業用ロボット「モートマン」を継続的に供給している。

今回、同国市場における販売・サービス体制を充実させ、顧客開拓、顧客の支援を強化するため、韓国ロボットセンタを開設した。

施設では、これまで提供しているロボット操作教育、保守教育を充実させるとともに、「来て・見て・触って」をコンセプトに、実機を使ったデモやテストを通じて、ロボットへの理解を促進するのが目的。

また、現地での自動化ニーズが高い自動車、電子関連のほか、食品・医薬品・化粧品など、自動化拡大余地のある産業分野の企業に各種ロボットソリューションを提案・提供していく。

安川電機、韓国に「ロボットセンタ」を開設…ロボット事業を強化

《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

海外進出 アクセスランキング

  1. マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

    マレーシアの今昔~めざましい経済成長とジレンマ~

  2. ASEAN化粧品市場は拡大基調、日韓欧米ら参入で競争激化

    ASEAN化粧品市場は拡大基調、日韓欧米ら参入で競争激化

  3. 繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

    繊維業界の雄、小松精練成功の3つの戦略とは?

  4. ~Sakeの海外戦略:1~世界に広がる日本酒、注目のマーケットは?

  5. 日本トリム、インドネシアでペットボトルの生産能力を2倍に増強

アクセスランキングをもっと見る

page top