日本語を自動翻訳するメガホン、成田空港が試験配備 画像 日本語を自動翻訳するメガホン、成田空港が試験配備

IT業務効率

 成田国際空港は12日、空港での緊急時案内用として、日本語を多言語に翻訳して繰り返し拡声することができるメガホン型翻訳機「メガホンヤク」を試験配備することを発表した。

 「メガホンヤク」は、パナソニックが研究開発を進めているメガホン型翻訳装置で、成田国際空港は実用性を高めるための開発支援を行っている。

 試験配備での検証は、緊急時や災害時、天候不良などの際に、空港ターミナル内に滞在するお客様向けの案内として、日本語の元文章を英語、中国語、韓国語に翻訳し、拡声した上で繰り返し案内を行うというもの。成田国際空港がスマートフォン向けに提供している翻訳アプリ「NariTra(ナリトラ)」の翻訳システムと連携した検証試験も予定している。

 成田空港では12月から2016年3月まで実用性を検証した上で、本格的な導入を行っていく予定だ。

日本語を自動で翻訳し拡声するメガホン型翻訳機を成田空港が試験配備

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

    【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

  2. 【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

    【中小工場のIoT化最前線:1】見える化で生産性を向上!

  3. 【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

    【ITで攻めの農業:1】投資300万円でも儲かるトマト自動栽培

  4. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  5. 都市ごみからのエネルギー回収システム確立

  6. 【人手不足にロボット:1】今日から成果が上がる現場は?

  7. 大断面山岳トンネル工事、月進270メートル達成!過去最長記録!!

  8. ドローンのモーターは中国製ばかり、ツカサ電工が防水・防塵で勝負

  9. 風力と組み合わせて日射量をカバーするハイブリッド街路灯……防災導入事例

  10. リニア新幹線に向けて回転水平多軸式連続壁機を開発!

アクセスランキングをもっと見る

page top