日本語を自動翻訳するメガホン、成田空港が試験配備 画像 日本語を自動翻訳するメガホン、成田空港が試験配備

IT業務効率

 成田国際空港は12日、空港での緊急時案内用として、日本語を多言語に翻訳して繰り返し拡声することができるメガホン型翻訳機「メガホンヤク」を試験配備することを発表した。

 「メガホンヤク」は、パナソニックが研究開発を進めているメガホン型翻訳装置で、成田国際空港は実用性を高めるための開発支援を行っている。

 試験配備での検証は、緊急時や災害時、天候不良などの際に、空港ターミナル内に滞在するお客様向けの案内として、日本語の元文章を英語、中国語、韓国語に翻訳し、拡声した上で繰り返し案内を行うというもの。成田国際空港がスマートフォン向けに提供している翻訳アプリ「NariTra(ナリトラ)」の翻訳システムと連携した検証試験も予定している。

 成田空港では12月から2016年3月まで実用性を検証した上で、本格的な導入を行っていく予定だ。

日本語を自動で翻訳し拡声するメガホン型翻訳機を成田空港が試験配備

《防犯システム取材班》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. VOC土壌汚染対策工法評価ツール、環境・社会・経済の3側面で分析

    VOC土壌汚染対策工法評価ツール、環境・社会・経済の3側面で分析

  2. 実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

    実際儲かる?…米国Uberドライバーの生の声《前編》

  3. 横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

    横浜の山下ふ頭、国内最大級の展示施設整備構想、東京ビッグサイトの受け皿に

  4. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  5. クラウド連携する業務用ドライブレコーダー発売……富士通テン

  6. 東京駅日本橋口前・日本ビルの部分解体工事を公開

  7. 道の駅などを拠点とする自動運転サービスの実証、今夏に全国10カ所で実施

  8. ~スマート林業:5~ヒノキの間伐材で畳に付加価値をつける

アクセスランキングをもっと見る

page top