東京五輪マラソンコースに…クッション性高い道路舗装、実用化 画像 東京五輪マラソンコースに…クッション性高い道路舗装、実用化

インバウンド・地域活性

 日本道路は、ランナーや車両の走りやすさと安全性を左右する弾性を最適化した遮熱舗装「弾性型遮熱舗装」の実用化にめどを付けた。透水性能が求められる車道の技術基準を満たし、必要な滑り摩擦性能を確保した上で、ポーラスアスファルトに比べて8~10度の温度低減効果を持たせた。弾性力を示すGB係数が1割ほど低く、クッション性が高い。データ類の整理を待って、2020年東京五輪をはじめマラソンコースとなる車道の道路管理者に提案する。
 ランナーの脚への負担を軽減できるよう弾性力を最適化し、遮熱効果もある排水性舗装をコンセプトに開発してきた。材料や配合を工夫し、透水量が毎秒100ミリリットル以上、滑り摩擦(時速60キロ)0・50という開発目標をクリア。ポーラスアスファルトに比べ8~10度の温度低減効果があり、ポーラスで64%のGB係数を50%に下げて力の吸収性能も高めた。東京都が設定している路面の明度にも適応。現在、提案活動に生かすための耐久性試験を行っている。
 8月に茨城県土浦市内で2メートル×40メートルの規模で試験施工を実施済み。9月にはランナーによる走行試験を行い、タイムに影響する加速度や走行感についてのデータを収集した。着地や蹴り出し時の加速度などを把握しており、路面への力の伝わりやすさに関する研究も進めるという。
 マラソンコースは、硬さがタイムに影響し、コースとなる車道は、ランナーと車両双方の走りやすさ、安全性に配慮する必要がある。開催時期によっては観客への配慮も求められる。真夏に開かれる東京五輪のマラソンコースについては、路面温度などを含め、必要とされるさまざまな性能が検討されており、日本道路は弾性型遮熱舗装が「選手と沿道の観客に走りやすさと涼しさを提供できる」(浜田幸二技術研究所長)とみている。

日本道路/弾性型遮熱性舗装を実用化/東京五輪マラソンコースへ提案

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  2. 外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

    外環道・都内区間整備、本線トンネルのシールド掘進を開始!

  3. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

    日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  4. 富裕層インバウンドの法則その3

  5. 国交省が木造先導型事業で6件採択、整備費補助、技術普及後押し

  6. 首都高速3号線/池尻~三軒茶屋間を大規模更新、地下構造物補強へ

  7. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. Wi-Fi整備や免税対応など、商店街のインバウンド対策に補助金

  10. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

アクセスランキングをもっと見る

page top