建設振興基金と都道府県建協の意見交換、11月12日から全国で 画像 建設振興基金と都道府県建協の意見交換、11月12日から全国で

インバウンド・地域活性

 ◇現場の声、事業計画に反映
 建設業振興基金(内田俊一理事長)は、本年度の都道府県建設業協会との意見交換会を12日の北陸を皮切りに全国8ブロックで開催する。意見交換を通じて業界が抱える課題、振興基金が実施する事業や行政施策に対する意見・要望を聞き、それを事業計画などに反映させるのが狙いだ。
 「お役立ちUPキャラバン」と銘打ち、各都道府県建設業協会の専務理事、常務理事、事務局長、担当者など事務局から2人程度出席してもらい、振興基金の幹部らと2~3時間程度の意見交換を行う。
 振興基金は、現在の中期経営方針(12~16年度)を策定する際も業界との意見交換の成果を反映させた。それ以降毎年度、同様の意見交換を行い、事業計画づくりに生かしている。
 来年4月には、中期経営方針を1年前倒しして、新たな中期経営計画を策定する予定。同計画にも意見交換の成果を反映させるなど、振興基金の事業運営に役立てる。
 各ブロックの意見交換の日程・会場は次の通り。
 ▽北陸=11月12日、金沢都ホテル(金沢市)▽東海=11月17日、名鉄ニューグランドホテル(名古屋市)▽九州・沖縄=12月1日、福岡建設会館(福岡市)▽北海道・東北=12月7日、宮城県建設会館(仙台市)▽中国=12月9日、岡山建設会館(岡山市)▽四国=12月18日、香川県建設会館(高松市)▽近畿=12月21日、府立労働会館(大阪市)▽関東甲信越=12月22日、建設業振興基金(東京都港区)。

振興基金/都道府県建協と意見交換、11月12日から全国8ブロックで

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  2. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  5. 富裕層インバウンドの法則その5

  6. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  7. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  8. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  9. 札幌市・北4東6周辺地区の再開発、19年3月の完成を目指す

  10. 【卸・問屋の新戦略:1】問屋街に未来を! 東京・日本橋の挑戦

アクセスランキングをもっと見る

page top