建設振興基金と都道府県建協の意見交換、11月12日から全国で 画像 建設振興基金と都道府県建協の意見交換、11月12日から全国で

インバウンド・地域活性

 ◇現場の声、事業計画に反映
 建設業振興基金(内田俊一理事長)は、本年度の都道府県建設業協会との意見交換会を12日の北陸を皮切りに全国8ブロックで開催する。意見交換を通じて業界が抱える課題、振興基金が実施する事業や行政施策に対する意見・要望を聞き、それを事業計画などに反映させるのが狙いだ。
 「お役立ちUPキャラバン」と銘打ち、各都道府県建設業協会の専務理事、常務理事、事務局長、担当者など事務局から2人程度出席してもらい、振興基金の幹部らと2~3時間程度の意見交換を行う。
 振興基金は、現在の中期経営方針(12~16年度)を策定する際も業界との意見交換の成果を反映させた。それ以降毎年度、同様の意見交換を行い、事業計画づくりに生かしている。
 来年4月には、中期経営方針を1年前倒しして、新たな中期経営計画を策定する予定。同計画にも意見交換の成果を反映させるなど、振興基金の事業運営に役立てる。
 各ブロックの意見交換の日程・会場は次の通り。
 ▽北陸=11月12日、金沢都ホテル(金沢市)▽東海=11月17日、名鉄ニューグランドホテル(名古屋市)▽九州・沖縄=12月1日、福岡建設会館(福岡市)▽北海道・東北=12月7日、宮城県建設会館(仙台市)▽中国=12月9日、岡山建設会館(岡山市)▽四国=12月18日、香川県建設会館(高松市)▽近畿=12月21日、府立労働会館(大阪市)▽関東甲信越=12月22日、建設業振興基金(東京都港区)。

振興基金/都道府県建協と意見交換、11月12日から全国8ブロックで

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

    北海道と札幌市、新幹線札幌駅の「大東案」に難色か/札幌市長「一度消した話」

  2. 造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

    造幣局東京支局跡地の開発、2エリアに分け地区整備検討へ

  3. 宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

    宮古盛岡横断道「新区界トンネル」が貫通/区界道路の約8割をトンネルが占める

  4. 近大医学部、付属病院、堺市への移転計画/健康・医療分野の民間投資を促進

  5. 品川駅西口駅前広場の整備、国道15号の上空を活用

  6. 地方創生のカギをにぎる「プロ人材マッチング」/第3回 成功へのシナリオ(事例編)

  7. 沖縄徳洲会/湘南鎌倉総合医療センター建設/4棟延べ3.3万平米

  8. 国のかたちを考える2018/野村総合研究所顧問 増田寛也氏

  9. 甲府にある「草津温泉」で朝風呂を楽しむ/銭湯の料金で

  10. 徳島県藍住町の文化ホール再生、福祉や保険も含めた複合施設に

アクセスランキングをもっと見る

page top