【回転窓】カニの値段と新幹線 画像 【回転窓】カニの値段と新幹線

インバウンド・地域活性

 知人の結婚式で北陸を訪れた。現地で目に付いたのは、「カニ漁解禁」の大きな文字。こんなタイミングはなかなか無いと、初物をいただいてきた▼勧められたのが、ズワイガニの雌、香箱(こうばこ)ガニ。小ぶりだが、甘みのある身がしっかりと詰まっている。鮮やかな朱色のカニみそも、濃厚で、すこぶる美味。昼時だったが、酒が進んでしまった▼現地のニュースで、仕入れ値が例年より高いと報じていた。要因として考えられるのは、カニ需要の高まり。今年3月の北陸新幹線開業で、金沢などでは観光客が増加基調にある。時間距離が短くなれば、旬の味覚を堪能しようと足を伸ばし、カニを求める人も増えるのだろう▼観光客の奪い合いという意味では、競争がシビアになるが、消費者にとっては、うれしい変化だ。石川県によると、北陸新幹線の開業後、予想以上に東北からの観光客が増える傾向にあるという。来年には、北海道新幹線が函館駅まで開業するため、誘客の増加余地は大きいというのが、同県の見方▼インフラのストック効果がどこまで発揮されるのか。カニ価格にも注目していきたい。

回転窓/カニの値段と新幹線

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  2. 険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

    険しい道の「徒歩の遠足」…50キロのトレイルラン、記者が体験(2)

  3. 首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

    首都高・神奈川7号横浜北線が開通、新横浜~羽田空港が10分短縮!

  4. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  5. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  6. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  7. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  8. 狙え、インバウンド需要…ホテル業界の事業戦略を追う

  9. 【地方発 ヒット商品の裏側】女子高生が生みの親?――「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」はどのようにして誕生したか

  10. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

アクセスランキングをもっと見る

page top