出光興産、昭和シェル石油と経営統合で基本合意 画像 出光興産、昭和シェル石油と経営統合で基本合意

マネジメント

出光興産と昭和シェル石油は、経営統合することで基本合意したと発表した。

両社は、7月30日に出光興産がロイヤル・ダッチ・シェルから昭和シェル石油の株式33.3%を取得し、経営統合に向けて協議を本格化させることで合意した。

今回、両社は、それぞれの強みを持ち寄り、経営資源を結集することによって屈指の競争力を持つ業界のリーディングカンパニーを作ることで合意した。

両社が対等の精神に基づいて経営統合し、新会社を作り上げていく。統合会社は、社員に誇りと高い満足感がある企業を目指して、両社の既存のよい文化を尊重しながら、次の100年を見据えた新たな文化を定義。本経営統合初日から、これに向かって活動していく。統合会社では、出身母体にとらわれず、全社員が「統合会社の社員」である認識を持ち業務できる制度と環境を作る。

統合会社は、特約店・販売店やビジネスパートナーとの信頼関係を重視、戦略を共有した上で、強固なサプライチェーンを構築する。

統合会社は、精製・供給、物流、販売、間接部門での経費・原材料費削減、付加価値向上により、統合5年目には年間500億円程度の統合効果を見込む。

経営統合方式は、合併を基本方針として、両社で今後検討していく。統合会社は2016年10月から2017年4月の間に発足させる。社名などは未定。

円滑な経営統合に向けて、各代表取締役社長を共同委員長とする統合検討委員会と、代表取締役社長がそれぞれ指名する担当者で組織される分科会で、経営統合についての検討、協議を進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

    【ゼネコン大手5社技術開発の潮流(下)】国の成長戦略に研究の種

  2. 【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

    【倒産情報】野菜を工場栽培するベンチャーのみらいが民事再生法申請、譲渡により事業再建を目指す

  3. 中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

    中小企業による官公需の受注促進!「ここから調達サイト」がオープン

  4. 社員はどんな理由で辞める?「平成生まれ社員の退職理由ランキング」発表

  5. 日本建築家協会、次期会長候補に六鹿正治氏が決定

  6. 店舗運営に役立つ情報を発信する「OMISE Lab(オミセラボ)」がスタート

  7. 15年業種別「顧客満足度No.1ブランド」が決定!

  8. 前田建設、社長に前田操治取締役兼専務執行役員が昇格

  9. 次期社長が見つかる? 後継者不在で悩む中小経営者向けに「後継者バンク」創設

  10. 【解決!社長の悩み相談センター】第7回:資本金1円の会社ってアリ? 話にはよく聞くけど…

アクセスランキングをもっと見る

page top