空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援 画像 空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援

インバウンド・地域活性

 福島県のJAみちのく安達は、空き家対策に特化した融資資金「古民家再生整備資金」を創設した。空き家の増加が問題化する中、老朽化した空き家の解体や改築、改装の資金などを支援する。

 2014年11月に「空き家対策等に関する特別措置法」が成立。放置され、倒壊などの恐れがある空き家の持ち主は、自治体から修繕、除去などの指導を受ける場合がある。そこでJAは修繕、除去などの資金確保に困る組合員向けの融資を用意した。

 融資対象は管内に居住し、管内に対象物件を所有している組合員。融資額は、10万円以上1000万円以内。期間は1年以上20年以内で、利率は3年固定金利だと1.850%、5年固定金利は2.150%、10年固定金利は2.650%、変動金利は2.475%。

空き家減へ資金創設 解体や改築、改装など支援 福島・JAみちのく安達

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

    「高校野球」はなぜ、日本最大の人気コンテンツになりえたのか?

  2. 北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

    北海道新幹線の工事計画が変更、札幌駅直前までトンネルに

  3. 千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

    千葉駅東口地区の再開発、中央部に「グランドモール」配置

  4. ~着地型観光:5~増えるインバウンド、見えてきた成功の法則

  5. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  6. 名古屋市・錦二丁目7番街区再開発、超高層マンションで街を活性化

  7. JR四国『太平洋パノラマトロッコ号』がごめん・なはり線へ

  8. 入場者数9年連続増、官民一体で城下町再生…愛知・犬山城

  9. 成田空港四者協議会、第3滑走路新設検討、整備費は1000億規模

  10. リニア新幹線、南アルプストンネル最後の工区着工へ

アクセスランキングをもっと見る

page top