空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援 画像 空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援

インバウンド・地域活性

 福島県のJAみちのく安達は、空き家対策に特化した融資資金「古民家再生整備資金」を創設した。空き家の増加が問題化する中、老朽化した空き家の解体や改築、改装の資金などを支援する。

 2014年11月に「空き家対策等に関する特別措置法」が成立。放置され、倒壊などの恐れがある空き家の持ち主は、自治体から修繕、除去などの指導を受ける場合がある。そこでJAは修繕、除去などの資金確保に困る組合員向けの融資を用意した。

 融資対象は管内に居住し、管内に対象物件を所有している組合員。融資額は、10万円以上1000万円以内。期間は1年以上20年以内で、利率は3年固定金利だと1.850%、5年固定金利は2.150%、10年固定金利は2.650%、変動金利は2.475%。

空き家減へ資金創設 解体や改築、改装など支援 福島・JAみちのく安達

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

    本日の新聞から:ロータリーエンジン、モーターショーで復活!

  2. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  3. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

    地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 【コト消費化するインバウンド:1】料理教室で和食体験!

  6. パリに勝てるか? カジノはどうなる? 大阪府ら25年万博誘致へ

  7. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  8. 【地方創生】 世界のエンジニアを集める……島根県 溝口知事

  9. 日本刀の製法で新素材も打ち抜く鍛造抜き型

  10. 電動一輪車「ワンホイール i-1」のテストモニター100台追加

アクセスランキングをもっと見る

page top