空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援 画像 空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援

インバウンド・地域活性

 福島県のJAみちのく安達は、空き家対策に特化した融資資金「古民家再生整備資金」を創設した。空き家の増加が問題化する中、老朽化した空き家の解体や改築、改装の資金などを支援する。

 2014年11月に「空き家対策等に関する特別措置法」が成立。放置され、倒壊などの恐れがある空き家の持ち主は、自治体から修繕、除去などの指導を受ける場合がある。そこでJAは修繕、除去などの資金確保に困る組合員向けの融資を用意した。

 融資対象は管内に居住し、管内に対象物件を所有している組合員。融資額は、10万円以上1000万円以内。期間は1年以上20年以内で、利率は3年固定金利だと1.850%、5年固定金利は2.150%、10年固定金利は2.650%、変動金利は2.475%。

空き家減へ資金創設 解体や改築、改装など支援 福島・JAみちのく安達

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

    「完全個室」超豪華高速バス競争が勃発。各社の戦略は?

  2. 「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

    「爆買いツアー」終焉で貸切バス需要が急減。バス業界の今後は?

  3. 品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

    品川駅周辺まちづくり、品川新駅やリニア開業で再開発が加速!

  4. 渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  5. 岡山駅前再開発、新たなランドマークになるか?

  6. 東京・泉岳寺駅周辺再開発、17年度に基本設計着手

  7. 虎ノ門一丁目東地区再開発、地下鉄虎ノ門駅直上で計画検討へ

  8. 仙台駅前・さくら野百貨店跡地利用、市が後押しへ

  9. JTB、ファーストクラスの乗り心地バスを導入。「寛ぎ」を追求

  10. 京急泉岳寺駅~新馬場駅間を連立化、3カ所ある踏み切りを除却へ

アクセスランキングをもっと見る

page top