空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援 画像 空き家減へ福島のJAが資金創設…解体や改築、改装など支援

インバウンド・地域活性

 福島県のJAみちのく安達は、空き家対策に特化した融資資金「古民家再生整備資金」を創設した。空き家の増加が問題化する中、老朽化した空き家の解体や改築、改装の資金などを支援する。

 2014年11月に「空き家対策等に関する特別措置法」が成立。放置され、倒壊などの恐れがある空き家の持ち主は、自治体から修繕、除去などの指導を受ける場合がある。そこでJAは修繕、除去などの資金確保に困る組合員向けの融資を用意した。

 融資対象は管内に居住し、管内に対象物件を所有している組合員。融資額は、10万円以上1000万円以内。期間は1年以上20年以内で、利率は3年固定金利だと1.850%、5年固定金利は2.150%、10年固定金利は2.650%、変動金利は2.475%。

空き家減へ資金創設 解体や改築、改装など支援 福島・JAみちのく安達

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 富裕層インバウンドの法則その4

    富裕層インバウンドの法則その4

  2. 1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

    1匹2000万円!? 新潟県で棚田育ちのニシキゴイ、海外富裕層の注目で輸出額倍増

  3. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  4. 富裕層インバウンドの法則その2

  5. 虎ノ門・麻布台地区再開発、高さ330m複合ビルなど総延べ82万平米計画

  6. セグウェイ超えられるか? 滋賀のベンチャーがハンドル操作の電動一輪バイクを市販へ

  7. レンタルバイク、外国人富裕層を捉えて急成長!

  8. 五輪後の建設市場は「減少」か「横ばい」…アナリストに聞く

  9. 成田空港、周辺自治体が第3滑走路新設に理解

  10. 茨木駅西口の再開発、駅前ビル再生で方針決定

アクセスランキングをもっと見る

page top