ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン 画像 ドル・元払いに対応、外国人特化の日本酒通販サイトオープン

IT業務効率

 外国人向けの日本酒通販サイト「SAKE Master(酒マスター)」がオープンした。多言語に加え、多通貨に対応し、海外への商品配送を行う。

 SAKE Masterは、英語、中国語と日本語の3か国語の表示に対応。支払いもUSドル、中国人民元、日本円の3種類が選択できる。支払い方法はクレジットカードもしくはPaypal。

 海外の富裕層や日本食レストランをメインターゲットとし、純米吟醸や純米大吟醸など醸造アルコールを含まない純米酒のみを取り扱う。全国各地の蔵元との直接取引によりプレミアム感のある日本酒を入荷するほか、純米酒ベースの梅酒や果実酒といった外国人人気の高い酒も扱う。

 取り扱う日本酒については、「BODY(Full/Medium/Light)」、「TASTE(Dry/Sweet)」、「FLAVOR(Fruity/Clear)」の3つのオリジナル指標で説明。外国人にもわかりやすく味を伝える工夫をしている。このほか、プレミアム焼酎やおつまみ、酒器といった商品もラインナップしていく。

 また、サイトでは記事コンテンツも展開予定。蔵元とのタイアップで日本酒情報の動画配信や外国人向けの酒蔵ツアーの企画などを行っていく。

 商品は国際スピード郵便「EMS」を使って配送するほか、国内旅行中の外国人観光客のお土産用として滞在中のホテルや帰国時に利用する空港への配送も行う。今後は旅行会社やホテルなど、インバウンド関連事業者との連携による販売や、アプリ化、海外への実店舗出店を図っていく。

 配送料は国内1000円、海外向けが5000円。それぞれ1万円、3万円以上の購入で送料無料となる。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《こばやしあきら》

編集部おすすめの記事

特集

IT業務効率 アクセスランキング

  1. 【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

    【中小工場のIoT化最前線:3】稼働状況も職員の体調も見える化!

  2. 【動画PRの成功術:6】集客の先にある“企業価値の向上”

    【動画PRの成功術:6】集客の先にある“企業価値の向上”

  3. 【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

    【AIで変わる経営:2】明かされた潜在顧客と“客が集う棚”

  4. 【中小工場のIoT化最前線:2】LCCを実現、武州工業の戦略とは?

  5. 国交省のNETIS、新技術活用進行中!

  6. 【IoTツール最新事情:前編】本音で語る、中小企業のイチオシとは?

  7. 米国でくら寿司が快進撃を続ける理由

  8. すばらしきドローン 現場はこう変わった!(整備・点検編)

  9. 着用型ロボットが活躍! 園地除雪がうぃ~んと楽に!!

  10. 【ITで攻めの農業:2】年間売上100万円超、農家の太陽光発電

アクセスランキングをもっと見る

page top