「濃厚」乳製品、高級イメージで若者中心に市場拡大 画像 「濃厚」乳製品、高級イメージで若者中心に市場拡大

インバウンド・地域活性

 「濃い味」をキーワードにした乳製品などを、食品メーカーが相次ぎ投入している。乳脂肪分の高さや、こくやうま味の「濃さ」を商品名やパッケージで強調。食品にも強いインパクトを求める若い世代を中心に受けている。専門家は、消費者の間に「濃い=高級」というイメージが育ちつつあると指摘。今後の成長株になり得るとみる。

 「超濃密」「濃厚」――。森永乳業は今年度の新商品などに、こんな表現を多用する。9月に発売した「森永プレミアム牛乳プリン」では、使う生乳を2倍に増量。プリンの上には甘いホイップクリームを重ね「濃厚2層仕立て」と個性を押し出している。これまでの売り上げは目標を20%上回っているという。

 ヒットの理由を同社は「分かりやすさ」と分析。産地や原料の違いで商品をPRする方法に比べ、「濃厚な味わいは食べれば誰でも体感できる」(広報部)点が、消費者の心をつかんだとみる。同社は「濃さ」を強調するため、食感にも注目。舌の筋肉の動きや喉越しの音を独自に数値化して、商品開発に生かす考えだ。

 他社も「濃い」商品の開発に熱心だ。ヤクルトは、生クリームを使い看板商品をヨーグルト状のデザートに仕上げた「カップ de ヤクルト」を30日から発売する。パッケージで「とろ~り濃厚」とうたい、乳脂肪分のこくを強調した。20、30代の女性がターゲット。「若手女性社員が『自分たちが食べたい』という消費者目線で開発した」(広報)商品だ。

 明治は主力ブランド「ブルガリアヨーグルト」で、水分が少なく、チーズケーキのような食感のギリシャタイプ「濃くておいしいヨーグルト」の販促を強化している。雪印メグミルクは2014年に発売した「特濃ミルクプリン」を9月、濃厚感を生かす口当たりに刷新して売り込んでいる。

 食品業界に詳しいフードクリエイターのタナカトウコさんは、こうした動向について「濃さを強調する表現が、高級感を抱かせるからだ」と読み解く。こくやうま味を増すために良い食材を使ったり、成分を多くしたりすることに、消費者の理解が高まったとみる。

乳製品  濃い味=高級感 生乳増量、滑らか食感・・・ 若者目線で商品開発

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

インバウンド・地域活性 アクセスランキング

  1. 大都市で知られていない「高速バス」の成長

    大都市で知られていない「高速バス」の成長

  2. 渋谷区の

    渋谷区の"世界一汚いトイレ"、なぜ日本トイレ大賞をとれた?

  3. 川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

    川崎市・新本庁舎の建設設計、概算工事費は約400億円

  4. 【ご当地キャラの仕掛人に訊く!】地域マスコットから国民キャラへ――ぐんまちゃん

  5. 「日本一難しい解体工事」…渋谷・東急百貨店の解体現場を公開

  6. 地上からの掘削なしで地下に大空間、大成建設が新工法「リボルバー」

  7. 日立建機、オフロード法2014適合のホイールローダ

  8. 【地元から日本を盛り上げるキーパーソン】UIターン、六次化、遊休農地削減……村を変えた道の駅

  9. 増加するインバウンド、貸切バスの臨時営業区域・設定を延長へ

  10. これもカープの勢い? 広島駅の周辺開発が活発化!

アクセスランキングをもっと見る

page top