4~9月の建設受注、近年最高の40・8兆円 画像 4~9月の建設受注、近年最高の40・8兆円

制度・ビジネスチャンス

 国土交通省が10日発表した15年度上半期(4~9月)の建設工事受注動態統計によると、総受注高は前年度同期比7・1%増の40兆8255億円で、現在の統計方法を始めた12年1月以降では最高の水準となった。景気の回復傾向で民間工事の受注高が大きく伸びたのが好調の要因。一方、公共工事は、前年度の大型補正予算の繰り越しなどがあった14年度と比べて受注額が大きく落ち込んている。
 総受注高の内訳は、元請受注高が27兆6213億円(前年度同期比4・3%増)、下請受注高が13兆2042億円(13・6%増)。
 元請受注高のうち、民間工事の受注高は19兆9197億円(14・3%増)と2桁の伸びで、14年4月の消費増税前の駆け込み需要が集中した13年度同期(19兆0286億円)をも上回った。中でも建築・建築設備工事(1件5億円以上)が15兆5679億円(前年度同期比16・8%増)と好調。このうち、不動産業からの受注高が1兆6114億円(42・2%増)と特に大きく伸びた。
 一方、公共工事(1件500万円以上)の受注高は7兆7015億円(14・9%減)と大きく減少。発注機関別では国の機関からの受注高が2兆3552億円(23・9%減)、工種別では土木工事が4兆6583億円(20・1%減)と最も大きな減少幅だった。
 公共工事の受注高の増減を都道府県別に見ると、北海道、茨城、長野、静岡、兵庫、徳島、愛媛、高知、佐賀の9道県以外はすべて前年度同期を下回った。

4~9月の建設受注、近年最高の40・8兆円/景気回復で民間けん引/国交省

《日刊建設工業新聞》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

    名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

  2. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

    ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  3. ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

    ドローン操縦士協会発足!2020年の経済効果は91兆3000億円!!

  4. JR東日本、新幹線大規模改修で適用材料、工法を募集/コスト低減、効率化など推進

  5. 主要ゼネコン26社/17年3月期決算/最高益更新相次ぐ、全社が増収見込む

  6. 5月の企業倒産件数、1年11か月ぶりに800件を超える

  7. 2016年の休廃業・解散企業、過去最高の2万9583件。倒産の3.5倍

  8. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  9. NHK大河「おんな城主 直虎」幻想的なおとぎ話のなかの生々しい経営ドラマ

  10. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

アクセスランキングをもっと見る

page top