早生ミカンの販売好調、価格は平年より5%高 画像 早生ミカンの販売好調、価格は平年より5%高

制度・ビジネスチャンス

 主な産地が出そろった早生ミカンの販売が好調だ。11月上旬の価格は平年(過去5年平均)より5%高い。厳選出荷で良食味を保った極早生種の販売が好調だった小売店が、早生種を積極的に売り込んでいるためだ。卸売会社は「序盤はまずまずの滑り出し。しばらく平年を上回る価格が続きそう」とみる。

 11月上旬の日農平均価格(各地区大手7卸のデータを集計)は1キロ263円で平年より5%高い。同じ表年だった2013年と比べると3%下回るが、卸売会社は「数量を考えると、しっかりした価格で推移している」と受け止める。入荷量は平年比58%増、13年より91%多い。「好天で各産地とも生育が前進し、まとまった量が出てきた。終盤の極早生が少なく不足感があったことで引き合いは強い」(卸売会社)という。

 JA全農えひめによると、9、10月と好天が続き、生育は1週間ほど前進。「品質は、平年より高糖度で酸味が少なく、糖酸バランスが優れた仕上がり」と説明する。熊本県も日照時間が長かったことから、生育が進んでいる。JA熊本果実連は「雨が少なかったことで小ぶりだが高糖度なミカンとなった」と強調する。

 今シーズンのミカンは、極早生種で厳選出荷が奏功。良食味に消費者の購買意欲は旺盛で、販売を強めるスーパーが目立つ。首都圏を中心に90店舗を展開するスーパーは、早生種で前年の2割増を売り上げる。「極早生の品質が良かったため、『今年のミカンはおいしい』と早生に手を伸ばす、客が多い」と話す。

 良食味から、試食の回数をいつもの年より増やし、売り込むスーパーもある。卸売会社は「生育前進から数量増はしばらく続くが、積極的に仕入れる小売店も多く、価格が大きく崩れることはない」と見通す。

早生ミカン序盤好調 高糖度 数量増も5%高

《日本農業新聞「e農net」》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

    学生服のトンボ、「スマホ預かりバッグ」を販売開始

  2. 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

    「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

  3. 筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

    筑波大学の産学連携、「世界初」の取り組みに注目!

  4. 東京都、豊洲移転・築地再開発で影響配慮に腐心/近隣施設で事業者撤退の恐れ

  5. ~規制緩和が生む新観光業:3~高単価ガイドツアーが売れる理由

  6. 週休2日、5年で定着めざす! 日建連の働き方改革

  7. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  8. 東京五輪「カヌー・スラローム会場整備」のWTO入札公告へ

  9. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(後編)

  10. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

アクセスランキングをもっと見る

page top