【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと 画像 【中小企業の『経営論』】第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

制度・ビジネスチャンス

 多くの人が新卒で入社して定年まで勤め上げる大企業とは違い、中小企業の場合は、常に社員の定着ということが課題になります。

 先日お会いした社長も、「社員番号がいつの間にか社員数の2倍を超えていた」などといって苦笑していましたし、そんなのはまだ序の口で、毎年入社した人数と同じか、それ以上が辞めていくような会社はざらにあります。

 ここで中小企業特有の退職理由として、社長との関係性、折り合いというものがあります。要は「この社長にはついていけない」という理由で辞めてしまうということです。中小企業の場合、やはり社長の存在感は絶大ですから、その会社で仕事をしていく上での社長との関係というのは、社員にとってはかなり大きなものです。人と人との相性のような個人的問題でもあるので、コントロールすることがなかなか難しい部分ですが、大きな要素であることは間違いありません。

 数年前になりますが、あるサービス系業種の社長から、これと同じ悩みを相談されたことがあります。社員数は20名に満たない小さな会社ですが、とにかく人の入れ替わりが激しく、まったくと言っていいほど人が定着していません。社歴は10年以上ありますが、入社3年目が最古参というような状態です。

 一番の問題は、辞めていく人のほぼすべてが、「社長のやり方にはついていけません」といって辞めているということです。

 その理由は見ていてすぐにわかりました。社長の社員に対するコミュニケーションの取り方が、とにかく一方的なのです。社員から仕事上の相談をされても、ろくに話を聞かずに一方的にまくしたて、最後に決まって「それくらい自分で考えろ!」と言います。
《小笠原隆夫/ユニティ・サポート》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

    【養殖モノを海外で売る!:2】キャビアの商機は東南アジアに

  2. 「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

    「一見さんお断り」、なぜ利益になる?

  3. 本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

    本日の新聞から:トヨタがディーゼル、ホンダがシビックを復活、MRJ順調など

  4. 羽田空港跡地開発、中小企業の拠点形成なるか?

  5. ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』に見る“契約”の価値観

  6. 老舗の小さな商店はなぜ生き残れるのか?

  7. なぜスーパーホテルは2度も「日本経営品質賞」を受賞できたのか? その秘密を探る

  8. 設備工事上場大手10社の16年4~9月期決算。受注高、各分野で増加傾向

  9. 工事現場のワーキングシューズが現場の若者に人気、デザインと機能性

  10. 名古屋市「ノリタケの森」、にぎわいと交流の拠点に

アクセスランキングをもっと見る

page top