「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと 画像 「中小企業の《経営論》」第17回:社員が辞めていってしまう社長が一生懸命に変えたこと

制度・ビジネスチャンス

 多くの人が新卒で入社して定年まで勤め上げる大企業とは違い、中小企業の場合は、常に社員の定着ということが課題になります。

 先日お会いした社長も、「社員番号がいつの間にか社員数の2倍を超えていた」などといって苦笑していましたし、そんなのはまだ序の口で、毎年入社した人数と同じか、それ以上が辞めていくような会社はざらにあります。

 ここで中小企業特有の退職理由として、社長との関係性、折り合いというものがあります。要は「この社長にはついていけない」という理由で辞めてしまうということです。中小企業の場合、やはり社長の存在感は絶大ですから、その会社で仕事をしていく上での社長との関係というのは、社員にとってはかなり大きなものです。人と人との相性のような個人的問題でもあるので、コントロールすることがなかなか難しい部分ですが、大きな要素であることは間違いありません。

 数年前になりますが、あるサービス系業種の社長から、これと同じ悩みを相談されたことがあります。社員数は20名に満たない小さな会社ですが、とにかく人の入れ替わりが激しく、まったくと言っていいほど人が定着していません。社歴は10年以上ありますが、入社3年目が最古参というような状態です。

 一番の問題は、辞めていく人のほぼすべてが、「社長のやり方にはついていけません」といって辞めているということです。

 その理由は見ていてすぐにわかりました。社長の社員に対するコミュニケーションの取り方が、とにかく一方的なのです。社員から仕事上の相談をされても、ろくに話を聞かずに一方的にまくしたて、最後に決まって「それくらい自分で考えろ!」と言います。
《小笠原隆夫/ユニティ・サポート》

編集部おすすめの記事

特集

制度・ビジネスチャンス アクセスランキング

  1. 日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

    日本空港ビル「羽田空港P4本館駐車場増築/駐車台数を600台増やす

  2. 築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

    築地市場跡地再開発/街づくりの視点骨子案、民間のアイデアも参考に

  3. 東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

    東京23区内の大規模建築計画、過去5年で最低水準/五輪前の着工ラッシュが終了

  4. 成田空港会社がC滑走路新設、B滑走路延伸計画

  5. 専門家が教える、中小企業の「失敗しない知財戦略」

  6. 自転車活用法、ビジネスにどう活かす?

  7. ■ニュース深堀り!■町工場がよみがえるベンチャーとの連携

  8. 「2017年版 中小企業白書」と、創業支援策の課題(前編)

  9. ◆産学連携「こんな教授と仕事がしたい!」 協業成功に必要なコト

  10. タケノコ2割安、好天続き入荷潤沢、荷動きは良好

アクセスランキングをもっと見る

page top