島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始 画像 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

マネジメント

 島津製作所(京都府京都市)は11日、ボーイング社の航空機に搭載される機器について、受注していた3品目の納入を順次開始すると発表した。

 今回、同社が納入するのは、ボーイング737MAX向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング777型機向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング737MAX向け「Ground Spoiler Control Module」。

 ボーイング737MAXは2016年に初飛行が予定されており、今年9月の段階で世界各国で58の航空会社から2869機を受注されているとのこと。島津製作所では民間航空機向けの製品をグローバル戦略商品と位置づけ、売上高の拡大を目指すという。

 島津製作所の航空機器事業の売上高は248億4800万円(2015年3月期)。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 住友建機社長に下村真司専務昇格、4月1日就任

    住友建機社長に下村真司専務昇格、4月1日就任

  2. 以前の日本と同じ、中国の自動車アフターマーケット市場は必ず来る!…テイン市野社長

    以前の日本と同じ、中国の自動車アフターマーケット市場は必ず来る!…テイン市野社長

  3. 海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組

    海水練りコンクリートの用途を拡大 大林組

  4. 香川県高松市、仏生山町の新病院施設計画を見直し

  5. 国交省、「担い手3法」の取り組み状況をHPで紹介

  6. カラオケボックスを貸し会議室に! 伊藤忠が空き部屋レンタル事業

  7. 半導体製造の業界再編進む――ルネサス、滋賀工場設備をロームに売却

  8. 下請への代金支払い違反の39.7%が「遅延」、36.5%が「減額」

  9. 物流デベロッパー・トップの視点(1):欧米・アジアで展開するプロロジス・山田御酒社長

  10. 「障がい者視点を生かしたマーケティング・リサーチ」に新展開

アクセスランキングをもっと見る

page top