島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始 画像 島津製作所、ボーイング社航空機向け機器の納入を順次開始

マネジメント

 島津製作所(京都府京都市)は11日、ボーイング社の航空機に搭載される機器について、受注していた3品目の納入を順次開始すると発表した。

 今回、同社が納入するのは、ボーイング737MAX向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング777型機向け「APU Air Inlet Door Actuator」、ボーイング737MAX向け「Ground Spoiler Control Module」。

 ボーイング737MAXは2016年に初飛行が予定されており、今年9月の段階で世界各国で58の航空会社から2869機を受注されているとのこと。島津製作所では民間航空機向けの製品をグローバル戦略商品と位置づけ、売上高の拡大を目指すという。

 島津製作所の航空機器事業の売上高は248億4800万円(2015年3月期)。

★毎週月曜発行★
編集部オススメ記事をピックアップ!
HANJO HANJO メールマガジン登録はこちら
《本折浩之/HANJO HANJO編集部》

編集部おすすめの記事

特集

マネジメント アクセスランキング

  1. 東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

    東京都が「北青山三丁目地区まちづくりプロジェクト」の実施方針を公表

  2. KYB、中国の建機向け事業の落ち込みを自動車がカバー

    KYB、中国の建機向け事業の落ち込みを自動車がカバー

  3. 建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

    建設関連各社が内定式、ゼネコン大手は計画数確保

  4. おもてなしを世界に発信するプロジェクト、今年の受賞90対象が決定

  5. 【倒産情報】プラント機器・機械装置設計・製造の長崎製作所自己破産へ

  6. 広島県と愛媛県今治市で「獣医師不足てこ入れ」…政府が戦略特区第3次指定

  7. ストレスが少ないのは大企業よりも小規模企業の社員!?

  8. 関東圏はサイズを問わず送料無料、老舗建材店が「建材ECサイト」をオープン

アクセスランキングをもっと見る

page top